DSにはまるナツ

最近ナツがDSデビューしました。

半年ほど前から、お友達がやっているのを興味津々で見ていて、時々貸してもらったりして、かなり気になっているようでした。
でもまだ早いよな~。と思ってやらせていなかったのですが、お友達のDSをあまりに熱い目で見ているので、そこまで熱望しているのならと、ソフトを買ってみました。
もともとDS本体は夫が持っていたので、とりあえずはそれを借りてやることに。

そしたらもう、はまりすぎて怖いです。
朝起きたらまず、

「DSやる~!」

夫は通勤電車の中でやるため、毎日会社に持って行ってしまうので、「ないよ」と言うと、
「パパDS(もってっちゃった)~?」と何度も何度も聞き、ものすごくしつこい。

ゲームのCMを見ても「DSだ~!」
雑誌の懸賞でDSを見つけては「DSやりたいねぇ」
バスの中でDSをやっているお兄さんを見つければ「なっちゃんもDSやりたい~!」
DSのことしか考えてないんかい!!という感じです。

今までは気に入ったおもちゃでも、隠して見えなくすれば忘れてしまったんですけどね…。
DSはそういうわけにはいかないようです。
でも長時間やらせたくはないので、まだしばらくナツ専用は買わないつもりです。

やっているのは「アンパンマンのあいうえお教室」です。
お勉強にもなるのでいいのですが、その集中ぶりは驚くほど。
最初に夫が簡単に使い方を教えたものの、あとは好きにやらせていたら、いつの間にか自力で操作できるようになっていました。
全くゲームをやらない私より使いこなしてる。。。
好きなものなら教えなくても、根気よくいじっているうちになんとかなってしまうものなのね~。

ナツのDSブーム、いつまで続くのかな~。

by mineyom | 2009-08-25 23:38 | ナツの毎日