聞いてんの!

最近ナツが頻繁に口にするようになった言葉。
「おかあさん きいてんの!」

最初言われた時はびっくり。
少しずつ言葉も増えてきて、やり取りもできるようになってきたんだから、忙しくてもきちんと話を聞いてあげなければいけないなと思いました。

しかしその後「きいてんの!」はエスカレートし、きちんと向き合って相槌をうって聞いている時でも、「おかあさん、きいてんの!」が頻繁に飛び出しました。

あげく、話が「おかあさん きいてんの!」から始まるように。
まだあなた何にも言ってませんけど…。
いきなり怒ってるし。

ちゃんと返事してるのに~なんで~?!と思いながら数日過ぎ、自分の口から飛び出した言葉にハッとしました。

「なっちゃん、聞いてんの!」



ナツは小さい頃から非常に反応の鈍い子で、何度も同じことを繰り返して声をかけても、ポゥっとしたまま、聞いているの聞いていないのか、わかっているのかわかってないのか、よくわからない子だったのです。
最初は穏やかに話していても反応がないので、注意を引くために、使ってしまっていました。
もうまた、ママの話全然聞いてない~!と。

しかし意識しないで使っていましたが、「聞いてんの!」ってイヤ~な言葉ですね…。
自分が言われて初めて気付きました。
何も返さないから、何も感じてないと思っていたけど、ナツもイヤな思いしていたのかな。
しっかり耳に残っていたんだね。
反省しました。

もう二度と「なっちゃん、聞いてんの!」は使わないと誓い、ナツが「きいてんの!」と言ったときは、さりげなく「おかあさん、聞いてだよ」と直し、自分自身も「なっちゃん、聞いて」と言うようにしました。

すると2週間ほどで「きいてんの!」の嵐は治まりました。
言葉は本当に気をつけて使わなくてはいけませんね。
手痛いしっぺ返しでした。

それでも、何度促してもあちらの世界に行きぱなしで、全く耳に入ってない時は、つい「なっちゃん、聞いてんの!」って出そうになってしまうんですけどね・・。
いけない、いけない。

by mineyom | 2010-12-23 21:49 | ナツの毎日