生まれてきたときの写真

「大きくなったわたしたち」
毎年2年生が生活科でやる授業です。
小さいころの写真や思い出の品を集めたり、生まれたときのことを両親にインタビューしたりして調べるそうです。

ナツは音楽以外の授業は、ほとんど交流学級に行っていないので、どう学習を進めるのか?と思いましたが、赤ちゃんの時の写真を用意して、インタビュー用紙を完成させました。
インタビューの内容は、「生まれた日付」と「出生時の身長・体重」、「命名の由来」と「生まれた時の様子」でした。
本人が書いても、親が書いてもいいということだったので、私が記入しました。
書きながら、ナツにも話してみたけれど、あまりよくわからなかったよう。
小さいころの写真を見ても、2歳ごろの、髪が伸びて今と同じおかっぱ姿になったものは、自分だと認識できるのですが、それ以前の髪の薄い自分は「あかちゃん!」と言っていて、自分だとわからないみたいです。

昨日お迎えの時に、同じ学年のKくんのママに、写真用意した?と聞いてみました。
するとKくんママは、ちょっと考えるように黙ってから、「前に話したことあったっけ?私生まれてすぐのKを見て、泣いちゃったんだよね~」

Kくんはダウン症です。
いつも明るく、頑張り屋のKくんは、ナツと大の仲良し。
知的レベルも同じくらいで、性格ものんびり穏やか。2人ともよく似たタイプなので、いつも一緒に行動したり、ふざけ合ったりととてもいいコンビです。

Kくんママは、Kくんが産まれたとき、なかなかダウン症であることを受け入れることができず、生まれる前にわかっていたら産まなかったのにと思ったそうです。
そのため、生まれてしばらくの写真がほとんどないのだとか。
生まれたときの様子も、何書けばいいのか困っちゃった~と言っていました。

そうだよねぇ。誰もが子どもが生まれたときを、幸せいっぱいで振り返られるわけじゃないんだよね。
「大きくなったわたしたち」って自分の命に感謝する、とっても素敵な授業なのだろうけど。

私は1歳前後の育児が一番辛かったよ~と話しました。
明らかな発達の遅れはあるけど、障害とは小さすぎてまだ診断はされない。
私が何とかナツのお尻を叩いて頑張らせれば、他の子に追いつくのではないかと追いつめられていたころです。
今思えば、ナツには到底無理なことを必死でやらせようとしていたなぁ。
あのころを思うと、ナツには本当に申し訳なくなります。
本当にごめんねとムギューっとしたくなります。

Kくんママも、生まれる前にわからなくて本当に良かった。
おろしていたら今のK はいない訳で、本当に恐ろしいことを考えてた。Kごめんね~と謝ってました。
結局、生まれた時の様子には、とっても大人しい赤ちゃんでしたと書いたそうです。
赤裸々に書いて、授業中ブルーな感じになっちゃっても申し訳ないしね~と小さく笑いあいました。

今こうして、振り返れば少し胸の痛いことを懐かしく話せるのも、そういう日々を越えてきたからかなぁと思います。
子どもと一緒に一歩一歩踏みしめて、今の母になった。
これからもまだまだ長く続く道、また一歩一歩歩いて行くのでしょう。
たまには振り返るのもいいかな。

by mineyom | 2011-01-18 13:21 | 育児 | Comments(4)

Commented by みかん at 2011-01-19 00:37 x
mineyomさん、こんばんは♪

ご訪問、遅くなってしまってごめんなさい。m(_ _)m

お気持ち良く解ります。

私も、娘が一歳を過ぎたあたりから、「どこかおかしい。」と母親の本能と勘っていうのかな。
それを感じていましたので。
周りは、みんな単語や短い二語文を話しているのに、うちの子は、ママとパパ、バイバイしか言わなかった。

単語が出始める一歳過ぎって、一つのバロメーターだよね。
発達に早い遅いはあるけれど、生まれてきた事に、罪はないから。

娘も同じクラスの、知的障害のある男の子が大好きで、先日もその子に、仮面ライダーのオーズ(キャラクター)の貼り絵を作って、"ママ、○○くんにあげる~!"と言うので、封筒に入れて持たせました。

あまりに辛くて、児童相談所に電話しましたね。
その後、療育センターで診断を受けた日。あれほどほっとした気持ちをもった時はないなあ。

ああ、やっぱり。

乗り超えるには、少しの心の強さは必要だけど、子どもの言葉や表情を見ると、親としてしなくてはいけない事、見えてきて反対に、子どもにその方法を教わってるのか知れないね。
Commented by tarotohanachan at 2011-01-19 09:39
どこの学校でも2年生でやるプログラムなんですね。
お兄ちゃんも2年でやりましたし、よく遊びに行くブロガーさんのお子さんも2年でやってましたね。
はなは第2子なので、上の子に比べてあきらかに発達が遅いのが解り、1歳代は辛かったですね~。
上の子の診断もおりた時なので、下の子も?って絶望の嵐の中にいた頃(大袈裟)(T_T)
リアルに書いたら教室凍りつきそうですね(^_^;)
いつか子供が読む時が来るかもしれないので、穏やかに愛情満ちた文章を書いておくのが無難でしょうか。
もちろん今はゆっくりしたはなの成長が日々愛おしくって仕方ありません^^
Commented by mineyom at 2011-01-19 20:21
みかんさん
コメントどうもありがとうございます。

そうですよね~。
やはり母の本能と勘なんでしょうかね、私もかなり早い段階でこの子絶対なんか違う!って思ってました。
診断された時、やっぱりと思ったのも一緒です。
それならそれで、発達を促すには何をすればいいのか、それが知りたい!と思いました。

ちーちゃんも、クラスに大好きな男の子がいるのですね。
その子が仮面ライダーのオーズが好きなのかな?
ちーちゃん優しいですね(^^)
Commented by mineyom at 2011-01-19 20:30
tarotohanachanさん
コメントどうもありがとうございます。

どこの2年生もやっているプログラムなんですね。
本当に、リアルに書いちゃうと、和やかだった教室凍りついちゃいそうですよね。
子どもにはちょっとハードすぎますね(^_^;)

そうか、将来子どもが読む時が来るかもしれないんですよね。
一時はつらい時もあったけど、今はもう心から生まれてきてくれてよかったと思っているんだから、それがわかるように書かないとだめですよね。
もうちょっと盛り上げて書いてもよかったかな。