マクロビ生活の成果

一昨日、マクロビオティックサークル「チームマクロ美」のランチ会でした。
マクロビを取りいれて3週間、厳密にやっているわけではないですが、いろいろ疑問も出てきていたので、ベテランさんにいろんなお話が聞けて良かったです。

チームの皆さんはマクロビ初心者がほとんど。
自分自身はやりたいんだけど、家族の反応が悪く、なかなか進められないという方が多かったです。
うちはすでに主食を白米から玄米に切り替え、砂糖と添加物を極力避けるということをやっているので、順調にいっている方らしい。

完璧マクロビではないので、肉、魚、卵も時々食べてしまっていますが、食卓にのぼる回数も量も格段に減りました。
代わりに、大豆製品、海藻類、野菜が主役になっています。

その成果か、私はこの3週間で2キロもやせちゃいました!
体調もすこぶるいいです。
前は夕飯は炭水化物抜きなんてダイエットもしていたんですが、これがなかなか減らない。
穀物が大事と聞いてから、しっかり玄米ご飯を食べていましたが、それでちゃんとやせました。
満足感も高く、全く間食しなくなりました。

人はつい栄養と取らなくちゃと考えがちですが、飽食の現代、体に入れることよりも、「出す」ことを重視した方がいいそうです。
私もやせたというよりも、全身のむくみがとれてスッキリしたという感じです。
どれだけ無駄なものをため込んでいたんだか~。
まだまだ出すものがありそう。

そして何よりも、マクロビ生活の一番の成果は、よく噛んでゆっくり食べるようになったこと。
以前からよく噛んで食べることはダイエットのためにも、健康のためにもいいということは知っていたんですが、最初はよく噛んでいても、気づいたらいつも通りになってしまっていました。

それが玄米にしたら、自然によく噛めるようになったんです。
私は弟ばかりの4人兄弟で育ったので、食事の時間は戦争でした。
ぼやぼやしてるとみんな食べられちゃうという環境だったので、早食いの癖がついてしまっていました。

今は「はぁ、ご飯美味しいねぇ」とナツに語りかけながら、ゆっくり食べています。
とっても幸せ。
それで初めて気付いたのです。

私はずっと、ナツは食べるのが遅いと思っていました。
自分はさっさと食べ終わってしまって、ねぇ、まだ食べてるの~とイライラしながらナツが食べ終わるのを待っていました。
完全自分基準。自分が早いだけだった。

私が食事に時間を掛けるようになったので、ナツにイライラすることもなくなったし、ナツは無言のプレッシャーを掛けられずに食べられるようになったので、お互いハッピー♪
ナツが遅いと思っていたのは、ただ単に、自分のスピードにナツを合わせようとしていただけだったんだなぁ。

自分のほうが合わせれば、万事OK。体にも良い。
マクロビ生活の一番の成果は、これだったりするのです。

by mineyom | 2011-02-11 11:06 | マクロビオティック