インフルエンザをはね返せ!

ナツの通う小学校は、この辺りでは有名な、運動に非常に力を入れている小学校です。
運動が苦手な子はかなり大変という話も聞いていて、入学前はちょっと心配なところもありましたが、今は入学させて本当によかったと思います。
本当に体力がつきました。

普通2時間目と3時間目の間にある休み時間は、業間休みといって遊ぶ時間だと思いますが、ナツの学校は「業間体育」と呼び、全校で運動する時間になっています。
そのほか校庭には40本もの鉄棒があり、いつでも子どもたちがくるくる回っている姿が見られます。
体育の研究授業や、成果発表会も頻繁に行われています。

そんなナツの学校、去年も今年もインフルエンザに罹ったという声をあまり聞きません。
近辺の小学校では学級閉鎖になっているという話も聞くのに、インフルエンザの子がパラパラ出るものの、蔓延というところまで行きません。

今日ナツを学校に送っていって、ふとあることに気がつきました。
校庭では、たくさんの子どもたちがランニングしています。
毎日の「いつもの光景」なので、今まで何とも思わなかったけど、もしかしてこれのおかげなのかも。

ナツの学校は8時までに登校すればいいことになっていますが、たいていの子は7時半頃には登校し、すぐさま体操服に着替えると、校庭に飛び出していきます。
お友達の子は、7時過ぎには学校に行っていると聞いて驚いたことも。
でもそれも珍しくはないのです。

外ではみんなが永遠と校庭をぐるぐる走り、体育館では何本も並べられたマットの上でぐるぐる転がり、鉄棒ではみんな揃って前回り、後ろ周りとぐるぐる回りまくり。
しかも大半の子が、この寒い中、半袖、短パン!!

これを見て、改めてなるほどなぁ、これならウィルスもはね返すかも、と思いました。
多少、患者が出てても、蔓延しない理由はこれかもしれません。
今時、ここまで走り込んでいる学校は少ないと思います。

ナツ自身は、朝は着替えや支度に時間が掛かるので、朝運動はしていないのですが、授業中によく走っています。
ナツも入学前よりはずっと鍛えられているし、病気が蔓延しにくい環境にいれば、もらってくる可能性も低いかも。
改めて、この学校に入れて良かった!と思いました。

運動、大賛成!
この伝統は、いつまでもなくさないで欲しいと思います。

by mineyom | 2011-03-02 01:55 | 小学校