「李白」でランチ

昨夜書けなかったので、昨日の日記からいきます。

今日は、今月末帰国のWさんのお別れランチで、シェラトンタワーの「李白」に行ってきました。
メンバーは、Wさん、F子さん&みーちゃん、私&ナツの5人です。
Wさんちのひーちゃんは、幼稚園のため来られませんでした。残念です。

Wさんとは、妊娠中に知り合い、子供の誕生日も1ヶ月違いで、一緒にシンガポールの子育てを頑張ってきた仲。
寝返りする前から2人をマットに転がして遊ばせてた。2人とも本当に大きくなったね(しみじみ)。
最後に一緒に動物園に行けてよかった。いい思い出になったね。

お店のリクエストをWさんに尋ねたところ、「何がいいかなぁ?」と言うので、「最後に飲茶を食べておくのはどう?」と提案し、お店も私が前から気になっていた「李白」を勧めてしまいました。Wさん、良かったのかしら?
でも「李白」は、飲茶が美味しいと聞いていたので、期待に胸を膨らませて、席に着きました。

「えび蒸し餃子」、「帆立のクリスピー揚げ」、「チャーシューパオ」、「ショウロンポー」など点心メニューから5つ選び、子供たちのために麺を一つ注文しました。
d0065459_0571182.jpg

どれも満足なお味でした。
特に写真左側の、えびと帆立、ふかひれの入った蒸し餃子が豪勢で美味しかったです。
子供は麺でいいだろうと思って、大人の分だけ注文したら、運ばれてきた点心を見て、ナツが目の色変えて「よこせ」と要求。半分ずつ食べられてしまいました。
麺のほうも、ナツは何度もお替りし、私もみんながお腹いっぱいと言うなか、最後まできれいに平らげてしまいました。
よく食べる2人。
d0065459_0581130.jpg

麺がなかなか切れなくて糸ひいてるナツ。

最後にデザート、私は「ポメロとマンゴーのサゴ」、2人は「黒ゴマプリン」と「アーモンドクリーム」をそれぞれ頼み、美味しくいただきました。
ここでもマンゴー好きなナツに、半分以上飲まれ悲しい私。後でナツの口の中を見たら、舌がまっ黄色になっていた。

久しぶりに会ったみーちゃんともすぐに打ち解けて、仲良しの2人。
一緒にトイレにまで行っていました。
手をつないで仲良しよん。
しかし、みーちゃんは夢のようにかわいらしいワンピースで女の子らしくしているのに、幼稚園帰りのナツは思いっきりラフ。もっとおしゃれしてくればよかったよー。
d0065459_0584121.jpg

 

by mineyom | 2005-07-18 23:41 | グルメ