ペストコントロール

昨日からナツの幼稚園は夏休み。
普段は幼稚園へ送っていくので8時半には家を出るのですが、今日は家での~んびり。
そこへ聞き慣れた「ぶぉ~ん!!」という音が。
シンガポール在住の方ならおなじみのペストコントロールの音です。

シンガポールにはデング熱という怖い病気がありまして、これはエーデス蚊という蚊によって媒介されるウイルスに感染することでおこる病気です。
高熱が出て、時に重症化して入院治療になることもあります。
しかしこのデング熱、予防法は蚊に刺されないということだけ。無理じゃー、そんなの!
シンガポールは熱帯のため、周辺国より蚊は少ないというものの、やはりたまには刺されます。
そしてデング熱の潜伏期間である1週間はドキドキしてしまいます。

そこでシンガポールでは蚊を発生させないために、だいたいどこのコンドミニアムでも週に1回くらい蚊を退治する薬をまくのです。
それがペストコントロールです。
すごい臭いがするのですぐに分ります。
白い煙でまるで火事。
d0065459_12494288.jpg

どうしてこんな記事を書くのかというと、私ここのコンドに引っ越してから4ヶ月、今まで一度もペストコントロールにあったことがなかったのです。
エレベータホールの掲示板には毎週火曜日に実施すると書いてあるのですが。
入居して1ヶ月はなぜか蚊が多くて、毎晩さされまくりだったので、「もうこのコンドどうなってんの!」と怒っていたのです(これは後に、洗面所の排水管が壊れていて、少しずつ水漏れしていたせいと判明)。
おそらく午前中に外出することが多いので、見ることがなかったんだと思うのですが、本当にやってるのか半信半疑・・・。

しかし今日、ちゃんとこの目でやってるのを目撃。ちょっと安心しました。
しかし最近また蚊が多いんだよねー。
今もナツの腕に大きい虫さされを発見したし。もう、いやになっちゃうなぁ。

by mineyom | 2005-08-16 23:36 | シンガポール生活