嬉しいなぁ

d0065459_4381792.jpg

今日ナツを幼稚園へ迎えに行ったら、頭がこんなに可愛くなってました。
朝はいつもどおり髪を下ろして行ったので、自由遊びの時間に先生がやってくれたようです。
思わず「可愛い~!!女の子みた~い」と言ってしまいました(女の子ですから)。
いつも結んであげてもすぐに取ってしまうので、下ろしっぱなしなのですが、たまには女の子らしくヘアアレンジしてあげようかなぁと思いました。

こんなふうに遊べる余裕があるということは!
今日は幼稚園に行き始めて初というくらい、幼稚園を楽しめたそうです!
朝のお別れのときは泣いていたので、今日もだいぶ泣いちゃうのかなぁと思っていたのですが、すぐに泣きやみ、あとはいろいろ楽しんで取り組めたようです。
コミュニケーションブックにも、「昨日よりも涙のりょうがぐ~んと減り、笑顔で遊べています。今日も歌やダンスをとても楽しんで何度も繰り返していました」と書いてありました。
そうだよね、家でもずっと歌っているもんね。楽しいんだね。
嬉しいよぅ。
たとえお別れのときは泣いても、教室に入ったら涙も止まって、みんなで楽しく過ごせたらってずっと思っていたんです。
すごくいい感じ。
このまま調子よく行くといいな。

幼稚園から帰ったあとお昼寝をして、今日は午後から久しぶりのST(言語療法)訓練でした。
先生が夏休みを取られていたので、3週間ぶりです。
お休みのあいだ、いろいろ教材を用意されたようで、楽しい教材が増えていました。
ナツは課題をする時は椅子に座っていられたものの、そのあとはあちこちが気になって、ちょろちょろ動き回るわ、勝手に引き出しを開けておもちゃを出して遊んでるわで、好き勝手やってました。
先生は、「前はこんなに動かなかったよね。活発になって、声もよく出てきたね」とニコニコ見てました。
課題をやるときも、前は手元をあまりよく見てなくて、注意も払わず適当にやってる感じだったのが、じっくり見て考えながら取り組めるようになってきました。
違っててもそのままだったのが、「ん?これは違う」と入れ直していたのが驚きでした。

言葉のほうは、最近やっと2語文が出てきたものの、使うのは1パターンのみで、「○○いた」というもの。
最初は「ワンワンいた」「ブーブーいた」などしか言わなかったので気付かなかったのですが、最近少し口数が増えてみたら、何にでも「いた」を使ってる。
大好きなうどんを見て「めんめんいた」、靴を履くときも「クックいた」、脱ぐときも「クックいた」。
一番わかりにくいのがおしっこしたい時も「ちっちいた」、出たあとも「ちっちいた」、トイレを見ても「ちっちいた」。
すべて「いた」で表現するナツ。動詞はもっといっぱいあるのよ~。

先生は、まだ「いた」だけだけど、本人は単語でなく文章で話そうという意欲が出てきてるので、とってもいいですよとおっしゃっていました。
それから、単語の数がまだ少ないかなと言われました。
ナツは1度言っただけでは覚えられず、何度か繰り返し聞くことで少しずつ習得していくので、私があまりたくさんの単語を使うと混乱するかなぁと思って、飴でもチョコでもクッキーでもみんな「おかし」、ニワトリでもアヒルでもスズメでもみんな「とり」というふうに話していたのです。
でもこれからは、もっといろんな単語を使っていこうと思いました。
単語の底上げですね。
すぐにいろんな言葉は話せなくても、数年後は使える単語が増えているでしょう。
今日はご機嫌のうちに訓練を終えて、少し日本人会のキッズコーナーで遊んでから帰りました。
d0065459_4384391.jpg

滑り台独り占め。

by mineyom | 2005-08-23 23:35 | 幼稚園