久しぶりの登園

昨日、ナツは約半月ぶりに幼稚園に行きました。
日本で過ごしたのは楽しかったものの、一番心配だったのがこれでした。
一時帰国前、ほとんど泣かなくなっていい調子だったので、それがしばらくお休みするとこによって元に戻ってしまったら・・・と心配していたのです。

月曜日にしっかり休養をとったので、ナツは朝すっきりと起きてきました。
しかしタクシーを降り、教室の前まで行くと、私にしがしがみついてなかなか離れません。
先生が呼びかけてもプイッと後ろを向いてしまい、少し涙が出てきてしまいました。
あら~と思いながらもナツを先生に託し、私は英会話のため日本人会に向かいました。

12時過ぎ、どんなふうに過ごしたかなぁと気にしながら迎えに行くと、ナツは先生に手を引かれてニコニコと出てきました。
最初は少し泣いたものの、おおむね楽しく過ごせたそうです。
久しぶりの登園だったため、クラスのみんなに「なっちゃん~!」と言われ、嬉しそうに手を振っていたそうです。
はぁ、本当に安心しました。

ナツの中では半月のブランクはあまり関係なかったようです。
そういえば、日本でも時々思い出したように「せぇんせ、おはよ~」とか言ってましたし。
幼稚園で習った歌もよく歌っていました。
少しずつ幼稚園が楽しい場所になってきている気がします。
今日も朝から泣くことなく、ハッピーで過ごせていたそうです。
特に外遊びは、大好きな車や、犬のブランコに乗れるのでお気に入りのようです。
本当にうれしいです。


そうそう、ナツは日本にいる間に、1人で靴が履けるようになりました。
少し大きめの靴だったのが良かったようです。
お出かけでもないのに、気付くと玄関にいて靴を履いてました。
やる気が出てきたのが嬉しいです。
「出かけるよ~」と言うと玄関にやってきて、1人で靴を履いて準備完了。
これがとっても楽!素晴らしい!
そして勝手に鍵を開けて、ドアを開けて外に出て行ってしまいます(これはちょっと困る・・・)。
d0065459_341781.jpg

by mineyom | 2005-10-18 23:42 | 幼稚園