プチ断食に挑戦

日本へ一時帰国すると必ず体重を増やして帰ってきてしまう私。
今回もやってしまいました・・・。体重増加は2キロ。
前回の3キロよりかはましですが、去年4ヶ月かけて必死で落とした体重が少しずつ、でも確実に増えていくのはかなり恐ろしいです。
ここでなんとか止めなければ!
日本での飽食のせいで、胃袋も少し疲れ気味です。
ここは思い切って、体をすっきりさせるため、そして少し胃を休めるため、木曜、金曜と2日間でプチ断食を試みることにしました。

折りしもシンガポールはラマダンの時期。
ラマダンとはイスラム教徒の断食月のことです。
イスラム教徒の方は、ハリラヤプアサ(今年は11月3日)までの約1ヶ月間、日中は食べ物を口にしません。
最初にこれを聞いたとき、1ヶ月間何も食べないんだと勘違いして、「すごすぎる!人間業じゃない」と思ったのですが、日没後は食べてもいいのですね。
しかし、日中は食事を取らない中、それでも普通に生活はするわけで、お勤めの方は会社やお店に行くし、家事だってしなければなりません。
かなり大変そうです。
そんなラマダンには遠く及びませんが、私も体をきれいにするため、頑張ってみました。

プチ断食のやり方は、日本にいるときにテレビで見ました。
この番組、番組名は忘れましたが、ゲストの方の1週間の食生活を分析し、5年後、10年後この人はどんな病気にかかるかを発表するのです。
同じような食生活をずっと続けていたら、こんな病気になる可能性があるということなのでしょうが、ずらりと病名が並ぶとかなり怖いですね。

そこで、高カロリー、高たんぱくな食事を取っていたゲストの方に、体を休めてきれいにするための方法として、プチ断食が紹介されていました。
やり方は2日間、食べていいのはヨーグルトだけ。
朝昼晩それを続け、2日目の夜にお粥を食べるというものです。
私は勝手にアレンジして、便秘に効くと雑誌に載っていた「豆乳と小豆のジュース」も飲んでいました。
ヨーグルトもプレーンがいいのだろうと思いましたが、美味しくないので、ストロベリーにしちゃいました。カロリーオフのものですが。

2日間は胃が小さくなってしまったのか、それほどお腹もすかず、ほとんど苦に思うこともないまま、終了しました。
習い事も行って、普通に生活してました。
2日目の朝はお腹がすいたなぁと思いましたが、それを越えると後はラクでした。
ポコンとやばいくらい出ていたお腹がへっこみ、体もすっきりしました。
ほんと、いつもの私は食べすぎなんですよね。
体重は3日目の朝計ったら、マイナス2キロになってました。
やった!日本で増えた分を削ぎ落としたぞ!
いい感じです。また来月もやってみようかなと思いました。

しかし昨日、紀伊国屋で見た本に載っていたのは、3日間ミネラルウォーターと葛だけで過ごすというもの。
くず、葛だけで3日。
これはだいぶ厳しそうです。
美味しくなさそうだし。
でも効果はありそうだな。
取り組んでみたら体重減少だけでなく、悟りも開けちゃうかも?


最後はほんわか、金曜日の幼稚園の出来事。
お昼にナツを迎えに行くと、いち早く私の姿に気付いた同じクラスで、しっかりもののHくん、優しくナツの肩を押して、「ほらナッちゃん、行きな」と言ってくれてました。
格好いい!!大人だな~。
お別れのときには、数人のお友達がドアのとこまでやってきて、「ナッちゃんバイバーイ」と何度も一生懸命手を振ってくれてました。
幼稚園って、いろんな子がいるから本当に楽しいです。

by mineyom | 2005-10-21 23:02 | シンガポール生活