新しい学校生活

始業式の次の日は、入学式でお休みでしたが、水曜日から通常日課がスタートしています。
日本人学校は毎日お弁当なので、5時に起床、6時にナツを起こし、7時に家を出るというスケジュールで動いています。
早起きしてお弁当を作り、送り迎えをするという生活は、慣れるまでちょっと大変そうです。

ナツは疲れた様子もなく、毎朝すっきり目覚め、元気に学校に行っています。
しかしやはり今までと勝手が違うせいか、教室ではかなり戸惑っています。
5年間積み上げて、やっと身に付いた生活の流れが変わってしまったので、無理ないかもしれません。
学校は基本土足なので、上靴に履き替えないとか、朝来てすぐに次の日の日程や持ち物を連絡帳に書くとか、「ちがうの~、これ ちがうの~」という感じで、あちこちの場面で抵抗を示しています。

ナツの場合、抵抗を示すとどうなるかというと、いつも以上に動きが緩慢になります。
とにかく動かない、動いてもすぐに止まる。
先生の頻繁な声掛けが必要になっています。
新しい流れに慣れるまでに、1、2か月かかるかもしれないなぁ。

それでも何とかかんとか連絡帳を書き終え、朝の支度を終えると、「おわった~」と満足そうにつぶやき、私がんばったわぁという顔をしていました。
今までの学校とそう違ったことをしているわけじゃないのに~と思ってしまいますが、ナツにとっては切り替えていくというのは、かなり大変なことなのでしょうね。
今までずっと同じ環境で、のんびりムードでいたので、新しい環境というのも刺激になっていいかもなと思いました。
朝の支度をしただけですが、やり遂げた~という満足げな顔をしていたのが印象的でした。

朝の支度が終わると、朝の会が始まるまで自由に遊べます。
最初は時間がかかるだろうと早めに登校しているので、ナツにもしばし息抜きタイムがありました。
みんなそれぞれ絵本を読んでいたのですが、ナツの持ってきた絵本を一緒に覗き込んでいる男の子が。
ナツは嫌がるかと思ったら、少し体をずらし、受け入れ態勢。
どちらがリードするというのでもなく、二人で仲良く1冊の絵本を楽しんでいました。
初日から、お友達とこんなに馴染めるなんて。
気が合う子がいてよかったなぁ。
微笑ましくて、嬉しくなりました。

子どもを送ってきたママたちは、朝の支度から朝の会まで、子どもをフォローしながら見守っていました。
日本では、教室内では先生にお任せするという感じでしたが、こちらでは先生と保護者が力を合わせてクラスを作っていきましょうという雰囲気のようです。
親がボランティアで授業に入ることも結構あるようです。
できることは何でもしたいし、様子が見れていいですが、ナツは私がいると甘えてしまってダメなので、その点だけが気になります・・・。

朝の会の後、皆でグランドを走っていました。
運動好きな子が多いようで、みんな足取り軽く走っていましたが、ナツは新入生の1年生の子と、先生と3人で並んで、一番後ろをしんどいわぁという顔で走っていました。
おそらく、え~いきなり走るの~?!と驚いていただろうと思います。
日本でも毎朝マラソンしていたんですけどね。
ナツに言わせれば、暑さが全然違うわよ!というところでしょう。
この暑さに負けない体力をつけてほしいと思います。

by mineyom | 2014-04-24 12:39 | タイ生活 学校