ナツの洋服をお仕立てしました

このところナツは、ぐんと背が伸びました。
子供服ではサイズが厳しくなり、服選びが難しくなってきました。
10代の女の子の服はおしゃれですが、ズボンは細身だし、ウエストはボタンかホックで、ナツにはやりにくい。

少しずつウエストにボタンやホックのついた服も練習していかなければいけないのは確かですが、こと学校に着ていく服に関しては、脱ぎ着のしやすさが一番!
学校に着いたらすぐに体操服に着替えなければならないし、トイレでも一人でスムーズに用を足せなければならないから。
動作がゆっくりで何事にも時間がかかるナツには、少しでも早く脱ぎ着できるということが、重要になってきます。

日本でも、150サイズになってくると、ウエスト総ゴムで、足回りがゆったりしたズボンというのは、探すのが難しかったです。
タイではどうかな?と思っていたら、お友達にお仕立てしたら?と言われました。
タイでは自分の好きな布を買い、希望のデザインでお仕立てするのは普通のことのよう。
安く作れて、しかもナツのサイズにぴったりなら、その方がいいやと、お仕立てトライすることに。

まずは皆で布を買いに。
アソーク駅近くの布屋さんで選んだのですが、色んな素材のものが、無地から柄物まで、様々な布がありました。
ナツの洋服用には、よく伸びるストレッチ素材のものと、柔らかいデニムの生地を選びました。
それから選んでいるうちに、自分の洋服も作ってみたくなり、ブルー系の花柄の布を買っちゃいました。

連れていってもらったのは、プラカノン市場にある、リンナさんのお店。
自宅まで出張してくれるお仕立て屋さんもいるそうですが、こちらのお店も日本人のお客さんが多くて日本人に慣れているそう。
日本語は通じず、タイ語でのやりとりでしたが、片言でなんとかなりました。

デザインは、雑誌の切り抜きや写真でも大丈夫ですが、実物を持っていって、これをコピーしてと頼むのが一番確実だよと言われたので、ナツが気に入って、よく着ている服を持っていきました。
私の服は、お店にあった完成品のワンピースがイメージに近かったので、形はこれで、袖を半袖にしてくださいとオーダーしました。

完成まで10日。
どんなふうに出来上がってくるかドキドキしながら待って、先日出来上がったのをお店に取りに行ってきました。

d0065459_12225159.jpg


ナツの服は、仕上がりに満足。
オレンジのがキュロットスカートで、ベージュのがズボンですが、非常に上手にコピーできてました。
ゴムも太めにしてあって、履きやすいようです。
代金は1枚600バーツ(約1800円)でした。

私のワンピースは、ちょっと柄が派手かな?と思ったけど、年中夏のタイならいいかな。
私のサイズに合わせて作っているので、市販の服よりも、すっきりして見える気がしました。
こちらは、800バーツ(約2400円)でした。

これでナツが成長しても、服の心配はなし!
サイズアップしたら、ナツを連れて行ってまた作ろうと思います。

私も今回、生地を選んで、希望のデザインで作ってもらうというのが楽しかったので、またお仕立てしちゃおうかなと思います。
今度は普段使いできるスカートかチュニックを作ろうかな。

by mineyom | 2014-07-24 12:27 | タイ生活