中学校問題 その2 厳しい・・・?

1学期最後の日に、担任の先生と中学部の特別支援について話して(中学校問題)、夏休みが開けた先日、その後状況はどうなったか、先生に聞いてみました。

しかし返事は、始終歯切れが悪い感じ。
う~む、これは厳しそうかな・・・。

ようするに、学校の組織全体を見て、支援学級の設置の可否を判断するわけですが、年々生徒数が増えてすでに満杯状態で、教室の増築増築を繰り返している今、教室の確保も難しいと。
まぁ、普通学級の教室も足りない中、生徒一人のために教室を確保するのは、多勢に無勢になって厳しいかもしれませんね。

それでも、学校経営において、支援学級はやはり必要なものだと、上の方が判断されれば設置されるのでしょうが、全体を見て考えれば、現状、後回しになっても仕方ないんでしょうね。

担任の先生には、インターナショナルスクールに、日本語のできる先生を入れてもらえるように頼んでみたら・・・、日本に帰国して、支援学校に入れることも考えてみたら・・・と提案されました。
インターについてはまだしも、日本の学校にと言われたのは、ちょっとショックでした。
卒業した後のことを考えると、支援学校に通ってないと、作業所に入ることも難しいこともありますしと。
そうかもしれないけど、せめて中学校の3年間くらいは、家族一緒に暮らしたい。

担任の先生に、支援学級の設置権限があるわけではないでしょうし、先生は支援学級はあるべきだとのお考えなので、辛いところではあるのでしょうけどね。
どちらにしろ、いろんな可能性を、多角的に考えていかなければならないというわけです。

もしナツが、知的ボーダーくらいで、交流学級にもどんどん行けちゃうような子だったら、また話は違っていたかもしれません。
うちは障害重めで、手が掛かるからなぁ。
これは言っても仕方ないことですが。

それと学年に一人しかいないのも厳しかったな。
中学部に進む子が、あと何人かいれば、もう少し考えてもらえたかも。

先生は、11月には来年度の募集要項が出るので、その時に設置されるかどうかはっきりします、とおっしゃっていました。
でもその時にはもう、決定しちゃってる訳ですよね。
来年度の入学希望者がよっぽど少なかったとかがない限り。
それは恐らくないでしょうし。

やはり他の道も考えなければならないということで、夫がインターナショナルのスペシャルケアセンター(特別支援学校のようなところ)に連絡をとって、見学に行くことになりました。
さてナツは、どんな反応をするかな~。

by mineyom | 2014-09-15 10:57 | タイ生活 就学(中学校)