曜日の認識  ダンスの効能

ナツはまだ、曜日の認識ができていません。
学校では日替わりで順番に日直が回ってきて、朝の会と帰りの会の司会をするのですが、その中で日付と曜日と天気の確認があります。
日付はあらかじめ黒板に書いてあるのでそれを読めば良く、天気はナツはたいてい「はれ〜」と言いますが、タイの天気はスコール以外は晴れのことが多いので、だいたいOK。
曜日だけが、毎回「???」となってしまいます。

わからないと、他の子達に聞くのですが、もうほとんどの子が、曜日の認識ができています。
先生に教えてもらったようで、最近「げつ、か、すい、もく、きん、ど、にち!」と言うようになりましたが、意味はわかっておらず、歌のフレーズを口にしてるだけという感じです。

担任の先生が、「○君は、今は曜日をわかっていますが、実は去年まではよくわかっていなかったんですよ」と教えてくれました。
○君は、最初大好きなサッカーの習い事をきっかけに、「サッカーは、○曜日」とお母さんと毎週確認するうち、「学校のお休みは、土曜日と日曜日だね」とわかる曜日が増えていき、今はちゃんと1週間がわかるようになったのだそうです。

ナツはまだ曜日が7つあって、それが順番に巡っているということを知らないので、確かに何か1週間に1つでも、目印のようなものがないと、漠然としてしまって、心に引っ掛からないよなぁと思います。
週に1回の習い事は、それを気づかせるのに、打ってつけかもしれません。
ナツは週に2回、学校のお休みがあるということも、わかっているか怪しいものなので・・・。

お母さんが朝起こすから、今日は学校に行って、今日は早く支度してって言わないから、今日は学校行かないんだ、くらいの認識です。
あと何日でお休みだ〜とか、考えたことないと思います。
見通しもたたず、よくそんなに淡々と毎日をこなせるなと思いますが、体が疲れてきた頃に、お休みが入る〜くらいは思っているのかも。

早速、「今日はダンスの日だから火曜日だね」作戦を開始しました。
もう3週間くらい経ちますが、「ダンス=火曜日」は何となくわかってきたかな?
「ダンスは何曜日だっけ?」と聞くと、「げつようび!」とか「どようび!」とか当てずっぽうに言いますが、ダンスは何も適当に行っているわけではなく、決まった曜日に行っているらしいというのは、わかってきた気がします。

ナツはダンスをとても楽しみにしているので、意識させるのにとてもいいのですが、楽しみすぎて、昨日ダンスに行ったばかりなのに、「ねぇ あした だんす?」と聞いたりします。
だから、ダンスは火曜日だって!というやり取りを繰り返しているのですが、ダンスの日は必ず1週間に一度やって来るので、火曜日はこれぐらい置きに来るのかぁと肌で感じてくれれば、そのうち曜日の感覚もついてくるかな?と思います。

ちなみにナツは、「昨日」「今日」「明日」もあやふやです。
お昼にうどんを食べに行ったら、夕方「きのう うどん たべたね〜」。それ今日でしょ!
夜、寝る間際になって、「きょう なにするの?」それ言うなら、明日でしょ!
という具合。

時間の流れを表す言葉は難しいですね。
でも分かるようになると、将来的にもとっても便利で、役に立つと思うので、地道に「ダンスは火曜日」作戦を続けたいと思います。

by mineyom | 2014-09-29 20:27 | タイ生活 習い事