できるもん!

今、ナツのクラスでは、理科の時間に実験をしていて、子ども達に大人気だそうです。

先日は卵を使った実験。
ゆで卵の実験だったようですが、最初に生卵と比べるために、実際に卵を割ってみようという流れになりました。

いつもは前のめりに実験に見入っているみんなの後ろで、控えめに眺めているナツ。
しかし卵を誰に割ってもらおうかなぁと先生が見回した瞬間、いつもにはない素早さで、スススっと前に進み出てきたのだそうです。
珍しいナツの様子に先生もびっくり。
なっちゃん割ってくれる?と聞くと、卵なら私に!とばかりに強く頷いたのだそうです。

そして卵は上手に割れ、ナツは非常に満足そうだったそう。
ほとんど前に出てくることがなく、クラスではこれやりたいという自己主張も薄いナツ。
卵割るのだけは、自信満々だったんだろうなぁ。
いつも家でやっているので、これは私得意だからと思っていたんだと思う。
この役目だけは誰にも譲れないと思ったのかな。

卵割りに気を良くしたのか、そのあと実験結果の発表もしたそうです。
発表自体は、先生に言葉を引き出してもらって言えただけですが、自分から発表しようと思ったことがすごい。

ナツは初めてのことが苦手で、自信がないことはやりたがらないことが多いです。
卵割りの話を聞いて、これなら私できる!ということを、もっともっと増やしてあげないといけないな思いました。
それが積極性にも繋がっていくんだと実感しました。

できることを増やすって、現実的に将来の役に立つというだけでなくて、自信をつけさせるという意味でも、非常に大切なことなんだな。

by mineyom | 2014-10-09 10:47 | タイ生活 学校