ロクラクがやってきた

今週は、月曜日から1週間幼稚園がお休みです。
土曜日にハロウィーンパーティーをしたため月曜日が振り替えでお休みになり、そのうえ今週は1日が「ディーパバリ」というヒンドゥー教徒の最大のお祭り、3日が「ハリラヤプアサ」というイスラム教の1ヶ月間の断食が明けたのを祝う日と祭日が続くので、1週間お休みになりました。
多民族が共に暮らすシンガポールならでは、各宗教に伴う様々な行事が行われるので面白いです。

お休みになるとナツの送り迎えをしなくて良いので、朝ものんびりできて楽ですが、その分1日が長く感じられます。
夫は暦どおりの休みなので、飛び石で出勤しています。
最近はナツが昼寝をあまりしなくなってパソコンに向かう時間が取れず、夜もなぜかナツと一緒になって爆睡してしまうので、なかなかブログの更新もできずトホホな毎日です。
しかしひさしぶりに母子でべったりまったりと過ごしてこんな1週間もいいなぁと思っています。
そんなこんなの我が家に、「ロクラク」がやってきました。

ロクラクというのは、インターネットを使って日本のテレビが海外で見れるという器械のレンタルサービスです。
1台をレンタル会社に置き、もう1台をうちのテレビにつなげ、日本に置いてある器械から、インターネットを通じて見たいテレビ番組が送られてきます。
時間差があるものの、確かにこれは画期的なサービスです。
現在シンガポールで見れる日本のテレビは、NHKワールドプレミアム。
NHK総合とNHK教育を合わせたようなもので、私は毎日ほとんどこれを見ています。
もう一つJETTVという日本語放送もあるのですが、ものすごく再放送が多く、やってる番組も昔のものだったりして、はっきり言ってあまり面白くありません(好きな番組もありますが)。
まぁ、海外にいればそれも当たり前のことで、たまに「見るものがない~」ということもありますが、シンガポールに来てからNHK好きになった私、それなりに満足してました。
日本のテレビを録画したものを送ってもらうこともありますし、VCDという日本のドラマも安く出回っています。

しかし夫はこのテレビ環境が不満らしく、以前ロクラクの広告を見てからというもの、ずっと「うちにロクラクを入れようよ」と言っていました。
しかし、月々の手数料が結構かかることと、夫は平日仕事で忙しく、帰りが遅いので、そんなにテレビを見ている時間があるのかなぁと疑問でした。
毎月それだけお金をかけてまで、本当に見るの~?というのが私の思いだったのです。
しかし1年ほど言い続け、埒が明かないと思ったのか、夫は自分で行動を開始し、あっという間に契約してロクラクを家に運んできてしまいました(あ、もちろん私に報告してからです)。

月曜の夜、テレビに器械をつなぎ、早速嬉しそうに操作をしてました。
ここで分ったのは、インターネット環境によっても違うようなのですが、データ受信をするのに結構時間がかかるということです。
1時間の番組で、だいたい全部受信するのに3時間くらいかかりました。
待っている間はかなりイライラ。
しかし「SMAP×SMAP」がうちのテレビで流れたときには確かに結構感動しました。
ついさっき日本でやっていた番組がすぐにうちで見れるというのは不思議な感じでした。

結局夫は、前の日の晩に見たい番組を予約しておいて、次の日にたまったものを見るという作戦に出たようです。
1回に8番組まで予約できるのです。
しかしそんなに取って見る時間あるんですか・・・。
思ったんですけど、NHKだけの毎日だと無性にバラエティを見たくなるんですが、ずっと続くとありがたみが失せますね・・・。
見たかった映画がやっていたり、好きだった「劇的ビフォーアフター」や「世界ウルルン滞在記」なんかが見れるのはいいですね。
ただ月々8500円の元を取れるのかどうかはよく分りません。
幸いなことに、今週は祭日続きなので、夫はかなり一生懸命見ていますが・・・。

今はロケーションフリーのテレビがソニーから出てますし、今日情報誌の広告で見た「watchJTV」というものもあり、どれが一番お得なのか分らないですね。
果たしてこれで我が家のテレビ生活は一変するか?!
このロクラクは、データを残して置けるので、もし見たい番組があれば、皆さん家に遊びに来てくださいね。

by mineyom | 2005-10-31 23:29 | シンガポール生活