のびのび なっちゃん

ナツは今まで、大人とのやりとりは出来ても、同年代の子と関わることがなかなか出来ませんでした。
それがここに来て、大きく様子が変わってきました。

ある朝、同じクラスの○ちゃんの赤白帽子が置きっぱなしになっていたので、それを見つけたナツが、○ちゃんのロッカーのかごの中に入れてあげていました。

それだけでも感心したのですが、その後、朝の会が終わって、みんなで赤白帽子をかぶって、ジョギングに行こうとなったときに、ナツが「○ちゃん もってってあげよ~」と呟き、かごに入れた赤白帽子を再びつかんで、○ちゃんに渡しに行ったのです。

少し離れたところから、大きな声で「○ちゃ~ん!」と声をかけ、「はい」っと差し出しました。
すぐに受け取ってもらえなかったのですが、一度でめげずに、きちんと正面に回り込んで、再度手渡していました。

今まででは考えられなかったことです。
本当にびっくりしました。

その後も、「みんな水筒もって~!」の先生の声に、いち早く水筒を取りに行き、自分ののついでにお友達のも取ってあげ、「はい、○くん!」と渡しに行ってました。

その他にも、朝の登校時、駐車場から教室までの間にクラスメイトを見つけると、「○くん~!」と自分から大きな声で声を掛けます。

お友達関係は全て受け身だったナツが嘘みたい。
学校でもそんな大きな声でるんだ、とびっくりしてしまいます。

担任の先生にも、最近すごいです、自分からお友達に関わってます!と言うと、先生もそうなんですよ~!と嬉しそう。
今までは、みんなが遊んでいるときも、少し離れたところから見ていて、先生がなっちゃんもおいで!と声をかけてくれて、やっと輪に入れる感じだったのが、最近は声掛しなくても、気付けばナツも混ざっていて、一緒に盛り上がっているそうです。
すごい、すごい。

新しい場所、お友達に慣れるのにかなりの時間がかかって、今はこの環境に慣れた上、更にそれを楽しめるようになってきたのだと思います。
のびのび楽しそうに過ごしているので、本当につくづく、3月で卒業しなければならないのが残念です。
ようやっと、次のステップに進んだのにねぇ。

とっても雰囲気の良いこのクラス、あと2ヶ月ほどですが、更にのびのび、たくさんお友達と関わって過ごして欲しいと思います。

by mineyom | 2014-12-13 01:10 | タイ生活 小学校