中学校問題 その9 インターナショナルスクールの学費

その8にて書きました、インターナショナルスクールに入れようと動き出したら浮上した問題。
それは学費でした。
たかがお金されどお金。
お金の問題は重要です。

そもそもインターナショナルスクールの学費が高いことはわかっていました。
日本でもインターナショナルスクールの学費は高額ですしね。
日本人学校の学費よりも、かなり高くなってしまうことは認識した上で話を進めていました。

しかもこの学校はただのインターナショナルスクールではなく、スペシャルニーズのインターナショナルスクールです。
小規模で先生の数も多く、ST、OTの先生も常勤で毎週訓練を受けられるという至れり尽くせりっぷり。
学費も高くなろうというものです。

しかし、いくらなんでも高すぎる!
予想を超えてた!

以前から、こちらの学校に通われている方に、だいたい学費はいくら位という話は聞いていたんです。
確かに高いけど、まぁそれくらいなら会社にお願いしても大丈夫かな、という心積もりもありました。

駐在員の子どもの学費に関しては、どこの会社もだいたい規定があると思います。
会社によって様々ではありますが、日本人学校の場合は、学費は会社が全額負担というところが多いのではないかと思います。
夫の会社もそうでした。

インターナショナルスクールに関しては、会社によって、かなり違いがあると思います。
全額会社負担のところもあれば、日本人学校の学費を超える分は自己負担、ほとんど補助がない会社など、会社の考え方次第。

実は夫の会社は、全額会社負担ではないものの、かなりの額の会社負担があるので、インターナショナルスクールを選んでも、それほど大きな負担がなく通うことができます。
同じ会社の中でも、お子さんをインターナショナルスクールに入れている方も何人かいます。

しかし、体験入学後に提示された学費が・・・。
お友達にあらかじめ聞いていた学費を、遥かに越えていたのです。
年々学費が上がっているのは確かみたいですが、それでもちょっと高すぎるので、どうしてうちはこの金額なのかと問い合わせしてみました。
すると、体験入学の時にお子さんの様子を見させてもらったが、お子さんはlevels are lowなので、たくさんのケアと教育が必要だからだ、という返答がありました。
学費は一律だと思っていたのですが、実際はその子その子で大きく違っていたのです。

確かにお友達のお子さんよりナツは障害が重く、出来ないこともたくさんあるので、あなたの子は手が掛かるから、と言われてしまうと何も言えません。
夫は差をつけられた、失礼だと怒ってしまって、かなり不信感を抱いてしまったようです。

しかし、教育費は一律と思っているのは日本的な考えで、一人一人に合わせたカリキュラムを組み、オーダーメイドの教育をするというのは、特別支援教育においては特に、理に適っているのかなと思いました。
欧米ではそっちの方がスタンダードなのかも。

しかしその額が尋常じゃありません。
それだけあれば、私立大学、いや私立の医学部も行けちゃいます。
中学の3年間で1000万円を越えてしまうんです。。。
手が掛かると言っても、ナツに特別に一人先生をつけてくれるわけでもなく、基本は同じクラスに入って過ごすので、そこまでの待遇の差は感じられず、腑に落ちない気もしました。

この学費を会社に申請するのも、さすがに気が引けました。
実際、夫が本社の方に日本人学校の中学部に支援学級がないので、インターナショナルスクールを希望しているが、学費がこれこれですと問い合わせしたところ、そのあと音沙汰なしになってしまったし・・・。

夫の会社は毎年2月に辞令が出るので、これは絶対、帰国辞令が出るんだ!と辞令発令日まで、夫婦で戦々恐々としてました。

結局、この春の帰国はありませんでしたが、それは赴任1年で帰国させては、子どもの学校の件で帰国させるのがあきらかで、それはさすがに障害のある子を持つ社員を差別するようで、会社の立場的にもできないかぁと思いました。
しかし今後はわかりません。

そして私達がこの学校を諦めた一番の理由が、学費の負担が日本の本社でなく、夫が現在出向している、タイの現地会社であったことでした。
もちろん申請は本社にするので、その了承を受けてのことですが、お金を払うのは、日本の本社よりだいぶ小規模なタイの現地会社なのです。

夫はナツの学費が会社の売り上げに、もろに響いてくるんだと言いました。
赤字だったこの会社に去年出向してきて、日本人もタイ人も力を合わせて、黒字に転換させよう!と頑張っているこの時に、この莫大な学費を会社に背負わせることはとても出来ないと言います。

相談した同じ会社の奥さんたちには、駐在員の権利として会社の規定にあるんだから、そんなこと気にせずに申請しちゃって大丈夫よと言われましたが、夫の気持ちもよくわかるんです。
ナツを連れてきたことで、いろんな場面で特例特例と言われ、相手は深い意味があって言ってるのではないと思いますが、やはり肩身の狭い思いはしていたと思います。

学費の件で、さらに会社に気を使うことになる。
やはり夫には気持ち良く働いてもらいたいし、それが弱点になっても可哀想。
何よりも、この事をきっかけに帰国になってしまう可能性は充分あることで、今やる気一杯でタイで頑張っているのを、そのことを理由に断たれてしまうのは勿体ないことだし、一家にとって得策でないと思いました。

夫婦で話し合った結果、この学校はやめようという結論になりました。

しかし、この学校自体はとても良い学校で、すでに通われているお友達もいるし、この春から日本人の先生もパートで入ると聞いていたし、駅近で通いやすいしで、やはりここに入れるのが、ナツにとっては一番いいという思いも捨てきれず、一度は全額自己負担してでもここに入れようかと考えました。

しかし冷静に考えると、それだけのお金を出すなら、何でもできちゃうよ!と思い直しました。
それだけあれば、毎月飛行機で日本とバンコクを行ったり来たりすることもできちゃうし、家庭教師を何人も雇うこともできちゃう。

そもそもうちの場合は、英語を身に付けさせたいとか、将来海外で活躍してもらいたいとか、そんな目標があってインターナショナルスクールに入れる訳じゃない。
行き先がなくて、ある意味仕方なく入れるわけで。

ここでインターに入れたからって、将来何か約束される訳でもない、ただお金を使うだけ。
だったら少しでも、ナツの将来のために、お金を残しておいてあげたい。
ここでそんなに使うわけにはいかない。

という結論に至り、後ろ髪引かれる思いを残しながらも、このインターナショナルスクールは候補から外すことにしたのでした。
第一候補だった学校を諦め、進路変更したのはこのような理由からだったわけです。

by mineyom | 2015-04-06 19:47 | タイ生活 就学(中学校) | Comments(4)

Commented by みかん at 2015-04-07 23:49 x
mineyomさん、こんにちは。みかんです。
そのあと、どうされたか、大変気になっておりました。

国が違っても障害者に、対する偏見は変わらずにあるんですね。
一人の為に、そこまで、合わせることは出来ません。

というのは、当然だと思うのですが、ナツちゃんが一年上がったあとは、ナツちゃんの同じ時期より、同じような立場にいる子が来年は増える?

ってことですよね。

日本からの駐在者が増える度、対応をその都度、政府が臨機応変に変えなければ、いけないことは、明白なのですから、それに併せて変える。

そうもいかない?

私なら外務省に直接、抗議するかも。

障害者は、国が違えども、やはり萱の外?なのかね。
・・ほんと、納得、いきませんよね。心中、お察し致します。
Commented by mineyom at 2015-04-08 10:29
みかんさん
コメントどうもありがとうございます。

小学部には設置されて、同じ敷地内の中学部には設置されないという道理は、やっぱりわかりませんね~。

まぁ、バンコクの日本人学校は、超マンモス校で、まだまだ生徒も増え続けていますし、教室の数にも余裕があるわけではないので、優先順位ということになると、やはり難しいのかなぁと思います。
日本に帰れば、特別支援教育はきちんと受けられる訳ですしね。
国外に住んでいても、日本と同等の教育が受けられるというのが日本人学校ですから、特別支援教育も同じにしてほしいですけどね。

現状では、日本国民であれば、世界どこでも、日本と同じ教育が受けられるというのは難しいというのが現実ですね。
Commented by 通りすがりですが at 2015-04-08 12:54 x
>みかん様
日本人学校の位置付けを少し誤解なさっているようですが、あくまでも「日本人学校」は現地日本人会等が経営母体の「私立校」であって、日本の文部科学省や外務省が設置している公立校ではありません。

日本の学校教育法に準じた教育を行っていることで「学校教育法上の学校」となり、小中は義務教育期間であるため教員は文科省から派遣されていますが。

すなわち、私立校ですから学校経営にとってのメリットが無ければ新設を行う義務はないのです。コストがかかるということは、そこに通わせているご家庭の学費負担が増加するということです。殆どの企業が学費負担をしているのでご家庭、特にご自身が働いていない主婦の方は実感されていないようですが、mineyom様のご主人が懸念された通り企業にとっては確実に大きな負担になるのです。
昨今の不景気で家族帯同の企業負担が大きいため、子どもが一定年齢を越えると家族帯同駐在は認めない企業も増えています。

在校生として要望が通らないのは非常に残念ですし、改善を求めていくことは重要ですが。

mineyom様はご存知のことを失礼ながら長々と書かせていただきましたが、これが海外で障害の有無を問わず子女を教育することの現実問題だと思います。
Commented by mineyom at 2015-04-08 21:04
通りすがりですがさん
コメントどうもありがとうございます。
そして、非常に分かりやすく説明して下さり、私のブログの言葉足らずの部分を補足していただき、どうもありがとうございます。
海外に駐在している方々の、子どもの教育についての現実と問題はまさにその通りだと思います。

タイも赴任してみたら、思った以上に物価も高くて、会社の負担も大きいだろうなと思います。
何でも会社負担で出来るということは全くないなと思います。

日本人学校についても、経営をしているわけですから、優先順位があるのは仕方ないですね。
全体を考慮しての判断なのだろうと思います。

子どもが幼児期にも、他国に赴任していましたが、その時とは時代も変わっているし、教育の問題もなかったので、今思うと楽だったなぁと思います。
学齢期の子どもを連れて赴任をするのは、やはりいろいろと難しいですね。
日本人学校でも、中学の途中で日本へ母子で帰国する方も多いですね。

でも選択肢は様々あるわけですから、そのご家庭それぞれの考え方で、一番良い道を選択していけばいいなと思います。