中学校問題 その10 日本に帰るという選択

第一希望のスペシャルニーズのインターナショナルスクールに進学することをやめたことで、ナツの進学先の選択肢は、この学校よりもリーズナブルな学校を探すか、日本で母子で帰るかの2つとなりました。

しかし日本に戻るという選択は、最初からあまり考えてませんでした。

この一年、新しい環境、新しい生活に慣れるために全力疾走してきて、ようやくこの生活に慣れて楽しめるようになってきていたところで、出来ればあと1年くらいは、この生活を維持させたいと思いました。

この時すでに、卒業式を間近に控えた2月の終わり。
ちょっと一息つかせてほしい、これからすぐに、1年前に大変な思いをした海外引っ越しを一人でやりとげ、再び新しい生活を始めるなんて無理。
せめてもうちょっと猶予をちょうだい~!という気分でした。

それでも一応、日本の以前住んでいた地域の、教育委員会にも問い合わせてみました。
今からでも4月の入学に間に合いますか?と。
そうしたら、今からでも4月の入学に何とか間に合いますよ。地域の支援学級でも、支援学校でも、基本的にいつでも受け付けますとのお返事でした。

生徒の数によって、先生の配置などが関わってくるから、ギリギリでは難しいだろうと思っていたので、ちょっと驚きました。
春の帰国が時間的に大変でしたら、夏に戻られて、2学期から編入という形でも大丈夫ですよ、と言われました。

この教育委員会の担当者さんは、とても親切でありがたかったです。
この時点で日本に戻るかは決めかねましたが、タイで万策尽きても、最悪日本に戻れるという安心感は得られました。

日本人学校の担任の先生たちは、中学部に進学は叶わず、インターナショナルスクールも諸々の事情で諦めた時点で、日本への帰国を即選ばなかったことに、少なからず驚いたようです。
卒業間際の個人面談で、まだ進学先が決まってないんですよね~と言ったら、軽く引かれたのを感じました。

はっきり言われはしませんでしたが、日本に帰らないんですか!?という雰囲気は、ビシバシ伝わってきました。
なっちゃんにとっては、日本で教育を受けるのが一番だと思いますということでした。
この1年、ナツにじっくり関わってくれた先生が言うことだから、やはりそうした方がいいのかと心は揺れました。

それはもちろん、日本語で教育してもらった方が、英語やタイ語環境よりも楽だとは思います。
しかし、それはつまり家族一緒に暮らせないということです。
我が家にとって、ナツの教育は、それはもちろん大事なことだけど、学校教育が第一かというと、それはどうかなと思いました。

小学校6年間、ナツは日本の学校に通ってましたが、正直学習面はそれほど伸びていません。
知的重度なので、本当に進みはゆっくりで、学校に行ったからこれだけのものが習得できたという実感はあまりありません。

ナツはゆっくりゆっくり一生かけて学習していくと思っているので、ここで1、2年日本の学校教育から離れても、人生においてそれほど大きな問題にはならないと思いました。

引き続き、家庭と公文で読み書きと数の勉強は続けていくし、何よりナツの場合、学習面よりも人とのコミュニケーションや自己主張出来るようになることを、学校に求めているので、それならば日本の学校でなくてもいいと思いました。
逆に母国語でない環境でそれを身につけられたら、ある意味すごいよね。

そして何よりも我が家は今、タイにいるのです。
日本に帰るのはいつでもできるから、ここでそんなに慌てて帰らなくても、ここでしか出来ない経験をたくさんするのも、家族で思い出をたくさん作るのも貴重じゃないかと思いました。
夫の駐在期間はまだまだ長いので、ここで日本に帰ると何年も離れることになってしまいます。

日本に戻った方が・・・というプレッシャーを掛けられれば掛けられるほど、日本で教育を受けるのって、そこまでいいかなぁと思ってしまいました。
大真面目な先生には言えませんでしたが、あと1年くらい、家族でタイで遊んでちゃダメですか?という気持ちでした。

遊ぶというのは言葉は悪いですが、異文化体験をしたり、多言語の中に身をおいたりということが自然にできて、何よりも家族で楽しく暮らすということがナツにとって重要であると思いました。

それはタイという国と人が気に入って、ナツにも合っていると感じているせいもあるかもしれません。

やはり海外に住むということは、望むものをすべて手に入れることはできません。
だからこそ、家族にとって何を優先させるべきかを考え、最善の道を選んで行くことが大事だと思います。

方向転換はいつでも出来るしね。
臨機応変に、これからも道を模索していきたいと思います。

by mineyom | 2015-04-09 11:25 | タイ生活 就学(中学校) | Comments(8)

Commented by ナッじいじ at 2015-04-09 16:11 x
なっちゃんには家族が一緒に暮らすのが何より優先するべきだと思います。両親で悩んで話しあった結論ですから自信を持って良いです。何時でも方向転換できます。なっちゃんは大丈夫です、周囲の愛に支えられ楽しく過ごす事が出来ますよ。
Commented by mineyom at 2015-04-09 20:32
なつじいじさん
コメントどうもありがとうございます。

いつも暖かく見守ってくださり、そして応援してくださりありがとうございます。
私たちの決断を賛成してくださり、とても心強い思いです。
実際に学校が始まってみないとわかりませんが、ナツは楽しんで過ごしてくれるんじゃないかなと思います。
また親子で新しいことにチャレンジですが、気負わずマイペースでやっていきたいと思います。
Commented by まさみ at 2015-04-28 23:49 x
無事に決まってよかったですね!!
同じ学校に行けないのは残念ですが・・・
またいろいろタイの学校の様子教えてくださいね!!

私もH君ママも、インター校での生活は、縦に積む経験じゃなくてヨコに積む経験だと思っています。
もう小学生のときのように縦に摘む時代は終わり。実際思春期になると、やっぱり新しいことを学ぶ勢いは落ちる気がします。自分の意志が出てくるしね。

日本では中学も高校も就労にむけて必死になる時期だけど、私もべつに2、3年遊んでもいいんじゃない?って思います(笑)

タイでしかできない経験沢山させてあげたいね!!
Commented by mineyom at 2015-05-01 11:17
まさみさん
コメントどうもありがとうございます。

いよいよ来週から学校が始まります!
ドキドキですが、マイペースで行きたいと思います。
本当に一緒の学校に行けなくて残念ですが、こちらで頑張ってみます。

横に積む経験、なるほど~です。
ナツはまだまだ身に付けて欲しいことがいろいろあるので、まだまだ縦に積んで欲しいと思ってしまいますが、これからは幅を広げて行く時期という感じですかね。
確かにまだどんどん吸収していくという感じではないですよね。
これまで身に付けたもので、応用できるようにということも考えたいと思います。

タイで2、3年遊んでてもいいですよね!
賛同していただけて嬉しいです(^-^)
日本の学校教育とは違うけど、その代わりここでしか出来ない、おもしろ体験がいろいろ出来ますものね。
Commented by あいか at 2015-07-13 11:58 x
はじめまして。
何からお伝えすればいいかわかりませんが、いまから私がどう進んでいこうと迷っているときに、こちらのブログに行き着きました。わたしは国際結婚、そして昨年まで海外在住、夫の海外転勤と知的発達遅滞のある息子の教育環境の選択に悩み、葛藤を繰り返しているところです。ぜひ会ってお話をしてみたいところですが、まずはブログを読ませて頂きますね。宜しくお願いします。
Commented by mineyom at 2015-08-19 14:18
あいかさん
コメントどうもありがとうございます。

ブログを3か月ほど更新しておらず、久しぶりにブログを開いてメッセージに気が付きました。
お返事が1か月以上空いてしまって、大変遅くなり、本当に申し訳ありません。
大変失礼をいたしました。

あいかさんも海外転勤に伴う教育環境の選択について悩み中なのですね。
うちは最近ようやく娘も学校に慣れて落ち着いてきましたが、私も昨年から悩みに悩んだので、お気持ちわかります。
お子さんはおいくつですか?
住まわれる国によっても、教育環境や受け入れ状況は違うと思いますし、実際に行って見てみないと、わからないこともたくさんありますよね。
家族にとって、何を優先するのかということも、難しいですね。
ここタイでも、様々なご家族が、様々な選択をされています。

私もまだ渦中にいますので、これが正解ということはわかりませんが、もし何かお力になれることがあれば、ぜひお応えしたいと思います。
もし何かご質問などあれば、何でも聞いて下さい。
悩み悩んでも、必ず道は開けると思います。
Commented by あいか at 2015-08-24 13:44 x
時々ブログをのぞいていましたが更新がないようだったので、少し気になっていたところです。

『正解』というのはないのかもしれませんが、家族でしっかり話し合って一歩ずつ進んでいくことが大切かなと、以前よりは頭ガチガチにならないように気をつけながら、夏の終わりを迎えようとしている今日この頃です。将来の不安や心配で頭いっぱいになってしまうと、今を疎かにしてしまいそうなので…

これからも時々ブログにお邪魔させてください。
タイは年中温暖ですよね。一度行ってみたい国です。
Commented by mineyom at 2015-08-30 02:40
あいかさん
コメントどうもありがとうございます。

本当に更新が滞っていて、申し訳ありません。
今ナツの学校生活も落ち着いているので、あまり書くこともなく・・・。
ブログを書こう!と思うのは、悩んだり、考えたりしているときが多いです。
しかしこの夏もいろいろあったので、また少しずつ更新して行きたいと思います。

そうですね、やはりその時その時で、家族で話し合い、最善と思う道を行くしかないと思います。
まさに一歩ずつ進んでいくこと、その通りです。

ポイントは、あまりこうしなきゃとか、こうすべきとか思い込まず、状況に合わせて、臨機応変に対応していこうと思うことかなと思います。
私はタイに来て、どんな人生もあり!自由に生きていい!と思うようになりました。

本当にタイは1年中常夏で、過ごしやすいです。
寒い冬が苦手な私には、本当にありがたいです。
ぜひ一度いらして下さいね。