学校3日目 タイ語が「わかる!」?!

学校3日目。
いったん学校に集まったあと、今日は校外学習へ。
タイの映画館、私もまだ行ったことないのにな~。
ナツに先を越されるとは。

お便りによると、映画は「スポンジボブ」を見るそうです。
言葉がわからなくても、アニメならそれなりに楽しめるよね。
ナツはスポンジボブ知らないけれど。

トイレとか大丈夫かな~と心配になりましたが、そこは特別支援の学校の先生たちだし、その辺は心得ているだろう、きっと大丈夫!と思って送り出しました。


この日は始めて、学校終了時間でのお迎え。
外に出掛けてるし、時間も長いしで疲れてるかなと思いつつ、お迎えに行ったのですが、教室から出てきたナツは、全くいつも通りでした。
特に問題なく、校外学習にも行ってきたようです。

しかし映画どうだった?と聞いても、反応はいまいち薄い。
映画見た?と聞けば「みた~」、面白かった?と聞けば「おもしろかった~」とは答えるけど、あんまり興味は引かれなかったみたい。
スポンジボブ面白くなかったのかな?
まぁ、映画館でタイ語の映画を見る、という体験をして来たというだけで充分。それだけでOKです。

さて、3日目にもなり、環境にも慣れてきて、いろいろ見えるようになってきた頃だと思ったので、ナツに「先生の言ってることわかる?タイ語わかる?」と聞いてみました。

すると、即答で「わかる!」という返事が。
ここまではっきり答えるとは思わなかったのでびっくりしました。
しかも、そうなんだ、わかるんだ。

ナツはタイ語は、挨拶の「サワディカー」しかわかりません。
それでも、ナツはタイ語がわかると感じている。
それは言葉は通じなくても、心で通じるから大丈夫ということなのだろうと思いました。

確かにナツは言葉がわからないのに、ちゃんとご飯を食べてくるし、着替えてくるし、歌を歌ったり体操したりして、1日過ごしてくる。
先生がジェスチャーで伝えたり、手を添えてやらせてくれたりしているのだろうと思う。
周りの子の動きを見て、判断しているところもあるだろうと思う。

学校で特に困ることがないから、先生の言うことはわかる!という答えになるんだろうなと思います。
短時間の間に、その信頼関係を築いたナツは立派!と思います。
言葉がわからなくても、深く悩まず、深く考えず、そのまま受け止めるというのが、いいのだろうなと思います。

私も難しく考えず、心で通じ合えるから大丈夫!と、恥ずかしがらずにどんどんタイ語を使っていかないとと思います。
先生たちとのやり取りを、私もナツのように、楽しめるようになりたいな~。

by mineyom | 2015-05-20 01:05 | タイ生活 中学校 | Comments(4)

Commented by ナッジじいじ at 2015-05-20 05:25 x
なっちゃん、本当に凄いね。人種も言葉も風習も全て違和感なく、ストレスも無いみたいだし、給食も大丈夫だと何の問題もありませんね。安心です。私は語学力はゼロで何回か海外に行きましたが一人旅でも何とかなるものですが、なっちゃんは毎日の事、立派です。
Commented by mineyom at 2015-05-20 16:51
ナツじいじさん
コメントどうもありがとうございます。

思っていた以上のナツの順応性の高さに、驚いています。
わからなくても、あまり気にしないというのが、ポイントのような気がします。

タイ語も少しずつ覚えてきているし、のびのび楽しんで過ごしてくれればと思います。
Commented by みかん at 2015-05-20 22:56 x
凄い〜!!!

ナツちゃん、生きる力。持ってるね。(^_^)

これはとても大事な事だね。


心で感じられる。
言葉が解らなくても、解る。


うん、うん。
そういうの、この世には絶対あるよ。

ナツちゃんなら、環境が変わっても、きっと大丈夫!と、思っていました。

頑張れ〜!

ナツちゃん。いつも応援しています。


Commented by mineyom at 2015-05-21 00:04
みかんさん
コメントどうもありがとうございます。

私もすごいと思いました(笑)
心で通じるって、本当にあるんですね。

先生方は、普通にタイ語で話し掛けて、ナツはそれを真似して返したり、日本語で全然関係ないことを言っていたり、という感じですが、それで成り立っているんですよね~。

ナツはどんなところでも生きていける、逞しい人間になってほしいと思います。