潜れるようになったよ!

2ヶ月ほど前から、ナツはスイミングのレッスンをはじめました。
同じアパートのお友達のコーチを紹介してもらい、アパート内にあるプールでレッスンを受けてます。

コーチはタイの方ですが、「て、のばしてー」とか「まっすぐ、まっすぐー」とかレッスンで使う日本語は話せるので、全く問題なくレッスン出来てます。
コーチはとても優しいので、ナツもすぐに慣れました。

ナツは小さい頃から水が大好きで、お風呂で頭から水を掛けても全然大丈夫な子だったのですが、なぜかどうしても潜ることが出来ず、大好きなプール遊びも、もっぱら浮き輪で浮かんで、バシャバシャしているだけでした。

せっかくプール好きなんだし、出来ることなら泳げるようにしてあげたいとずっと思っていたのですが、潜るのを怖がるナツに、どう教えていいかわからず、ここまで来てしまいました。
ようやくいいコーチに出会え、スイミングをはじめることが出来て、とっても嬉しいです。

しかしその道のりは、かなりの前途多難。
泳げるようになるには、時間が掛かりそうだなぁと思っていました。

案の定、最初は怖がって、潜るのを拒否していたナツ。
先生が促しても、頑なに顔を水につけようとしません。
しかし先生は、決して怒らず、何度も何度も繰り返してコツを教えたところ、なんとレッスン3回目にして、先生に頭を押さえられてではありますが、頭の先までガボッと潜ることが出来ました!

さすがプロ~!
まさかそんなにすぐに潜れるとは思わなかったので、びっくりしました。
やはりマンツーマンで、ナツのペースに合わせて教えてくれたのが良かったのだと思います。

しかしその後も上達スピードは一進一退。
レッスンは週に1回なので、先週出来たことが出来なくなってたり、振り出しに戻っていたり。
それでもコーチは同じことを何度も繰り返し教えてくれていて、その根気強さにこっちが感心するほど。
この子はスローステップで、何度も反復練習するのがいいとレッスンの中で気づいてくれたようです。

d0065459_915588.jpg
プールの端っこで、潜る練習を5回し、次にビート板を使ってばた足の練習。
反対側の端っこに着いたら、また潜る練習を5回して、今度はお腹にビート板を乗せて、背泳ぎで戻る、というのをレッスンの間中、何度も繰り返すというのを、何週間も続けていました。

プールサイドで見ている分には、なかなか進歩が見えないなぁと思っていたのですが、やはり繰り返しているうちに慣れて、コツを掴んでいたのでしょうね。
3か月目に入った先週のレッスンで、とうとうナツが自ら、頭まで潜ることが出来ました!
もう、先生と一緒に拍手!です。
本当に潜れる日が来るとは~!

この日はナツも興奮覚めやらずという感じで、レッスンが終わって、コーチが帰ってしまったあとも、「まだ ぷーるやる!」と言って、自主練を続けていました。
自分でも、潜れるようになったのが嬉しかったようで、何度も何度も繰り返し潜ってみせてました。

潜る度に私が「すごい!」とか「上手!」とか言うので、どんどん調子に乗ってきて、最後の方には、5秒ほど潜っていられるようになり、その上達ぶりにびっくりしました。

スイミングを始める前は、泳げるようになれたらいいなぁ・・・でも無理だろうなぁ、なんて思っていたのですが、これはこのまま続けていけば、泳げるようになっちゃうかもしれない!と思い始めました。
そうすれば、ナツの世界も、また1つ広がるなぁ。

タイは年中プールに入ることができ、アパートにコーチが来てくれるという、スイミングをするにはとっても恵まれた環境なので、これを生かして、大好きなプールの楽しみ方を、どんどん増やしてあげたいなぁと思います。

by mineyom | 2015-05-26 09:11 | タイ生活 習い事