タイの母の日イベント

前回の学校記事から、あっという間に3ヶ月以上が過ぎてしまいました。
ナツもすっかり学校に慣れ、毎日楽しく通っていることから、私自身もすっかり力が抜けてしまい、更新もサボってしまっていました。
それでも8月はいろんなことがあったので、少しずつ更新していきたいと思います。

少し前の話になりますが、先月ナツの学校の行事に参加してきました。
タイの母の日は8月12日。
王妃様のお誕生日です。
その日は祝日で学校はお休みでしたが、その前日に母の日のイベントをするということで、私にも出席してくださいと先生からお話がありました。

学校でどんなことをやっているのか、ナツはどんな様子なのか、まだまだタイ語が拙くて、詳しく聞くことが出来ないので、これはいい機会と楽しみに向かいました。
ナツを教室に送り届けたあと、私は一足お先にイベントが行われるホールへ。
係りの先生が、水色リボンが付いたお花を胸につけてくれました。

この日は、子どもに水色の服を着せて来てくださいねと、言われていました。
タイでは、曜日ごとに決まった色があります。
王妃様のお生まれになった金曜日の色が水色。
なので母の日には、尊敬や感謝の気持ちを表すため水色の服を着るのです。

学校でも行事により、黄色を来てきてね!紫を来てきてね!なんてことがよくあります。
最初はそんな色の服ないよ~と思いましたが、今はいろんな色のTシャツを揃えています。

当日は私も水色をと思いましたが、水色の服がなかったので、白いブラウスに青のスカートで行きました。
混ぜたら水色?
他のお母さん方も、水色を着ている方が多かったです。

イベントには今年入った子どものお母さんが招待されるということで、全部で12人いました。
子どもと一緒に参加するのかな?と思っていたら、舞台のすぐ脇に並べられた椅子に座らせられて、完全に来賓状態。
ちょっと固くなってしまいました。

徐々に各クラスから生徒が集まってきて、イベントが始まりました。
ナツも同じクラスのお友達と先生に囲まれて座っていました。
イベントは、前方に作られた祭壇のようなものに、お供え物?や飾り物を、子ども達が順に捧げて行くことからスタート。
仏教国らしい儀式だなぁと思いました。

次に司会者の二人が何やら掛け合いトーク。
母の日の意味や母の思い出などを話しているのかなと思ったけど、よくわからず。
結構話が長く、早口で、どう見ても大人向けな感じでした。
学校のイベントなのに、子ども主体の内容でないのが、ちょっと笑えました。

その後は、ちょっとだらけた雰囲気を引き締める、全員起立しての歌。
母の日の定番の歌なのか、王妃様を称える歌なのか?
先生方も保護者も生徒たちも、みんな声高らかに大合唱。
私1人だけ、歌を知らずぽつーんという感じで、ちょっと寂しかったです。
歌覚えてたら、一緒に歌えたのになぁ。

その次には来賓のお母さん達のスピーチ。
涙ながらに話されてる方もいて、お子さんの話なのかな?ご自分のお母さんの思い出話なのかな?と思って聞いていました。
私は飛ばされるのかなぁと思っていたら、6番目くらいに私の名前が呼ばれた!

マイクを渡されてしまい、すごく焦りつつ、片言のタイ語で、私は日本人で、タイ語が上手く話せませんと言いました。
すると理事長先生が、私が訳しますから、日本語で話してくださいと言って下さいました。
実は理事長先生は昔日本へ留学されていたことがあるので、日本語がわかるのです。
いつも学校にいるわけではないので、あまりお話する機会はないのですが。

理事長先生にそう言って頂いても、他のお母さんたちが何を話をしたのかよくわからなかったので、何を話せばいいのか困ってしまいましたが、とりあえず、娘はタイ語が全くわからないのに学校に受け入れて頂き、毎日楽しく通うことができて、本当に感謝しています。と話しました。
は~、緊張した。

最後に子ども達から来賓のお母さん方へプレゼント贈呈。
これはあることを知らなかったので、驚きつつ、嬉しかったです。

しかし注目されることが嫌いなナツは、みんなの前でなにかやらされるというのがすごく苦手。
ただ、私にプレゼントを渡すだけなのだけど、どんなに先生に促されても前に出てこない。
仕方がないから私の方が近づいて行っても、手で顔を覆って恥ずかしがって、プレゼントを渡してくれませんでした。

もう全くナツは~と、もどかしい思いもしたけど、
どこにいてもナツはナツだな。と思いました。
どんな環境にいても、ありのままの自分でいれるというのは、つまり全く無理してないと言うことで、まぁ、ある意味安心かなと思ったのでした。

他にも恥ずかしがって、プレゼントを渡せない子もいたし、そんな状況でも先生方も回りのお母さん方も暖かく見守っていて、ほんわかした雰囲気だったのも良かったです。
プレゼントはお母さんごとに違って、観葉植物の子もいれば、ぬいぐるみの子もいました。
子ども達が選んだようです。

ナツのものは先生が用意してくれたようで、家に帰って見たら、美容ドリンク?みたいな物でした。
タイ語の先生によると、母の日の時期になると、母の日のプレゼント用に、あちこちで売り出されるもののようです。
美容と健康にいいものだとか。
うちの分までちゃんと用意してくれた先生に感謝です。
取り方がよくわからなくて、まだ飲んでないのだけど。
d0065459_2219515.jpg

スピーチなど戸惑う場面もありましたが、タイらしいイベントに参加できて、貴重な体験ができました。
ナツの学校での様子も見られて良かったです。

by mineyom | 2015-09-20 22:15 | タイ生活 中学校