インフルエンザの予防接種

今年もインフルエンザの名前を聞く季節になってきました。
予防接種を受けなくてはと思いながらも、後回しになっていて、友人から「もうワクチンがなくて打てないんだよ」という話を聞いてショック!
確かに日本人会クリニックで聞いてみると、今週またワクチンが入ってくるけど、それもすでに予約でいっぱいで、打てるかは約束できませんという返事。

かなり焦って、先週ナツが熱を出してジャパングリーンクリニックに行ったときに、先生に「インフルエンザの予防接種は打った方がいいですよね?」と聞いてみました。
するとナツは熱を出すと発作が起きるので、当然打たなくてはダメ。というかすぐに打ってください!という返事。
幸いなことに、その日にワクチンが入荷したとのことで、帰りに予防接種の予約を入れて行ってくださいと言われました。
よ、よかった・・・。

受付では明日にでも打てますよと言われましたが、前日に熱を出したばかりだったので、少し間をあけたほうがいいだろうと、1週間後に予約を入れました。
そして昨日。予防接種のためクリニックに行きました。
しかし実はその前の日から少し咳をしていて、ちょっと嫌な感じ。
問診で熱を測ったらなんと37.3℃
これはマズイと打ってもらえるか心配になりながら、先生の診察を待ちました。

診察室に呼ばれ少し咳が出ていることを伝えると、熱が37,3℃あることも確認し、しばし先生は考えていました。
しかし「ここでよくなるのを待ってたら、もっとひどくなっちゃうかもしれないわね。耳式体温計は体温高めにでるし、子どもは夕方には熱が上がるからこれくらいの熱はすぐ出ちゃうのよね」と言って打つことに決めてくれました。
私はなるべく早く打ってしまいたかったので、本当にほっとしました。
体調のいい時を待っていたらいつになるかわからないし、そんなことをしているうちにインフルエンザに罹ってしまったら元も子もありません。

まず私がはじめに打ち、それからナツに打ちました。
打った瞬間はじっとしていたので、泣かない!と思いましたが、一瞬の後、ギャーっと泣き叫びました。
「えらいねぇ」と言いかけていた先生も笑っていました。
しかしナツは痛かったということを訴えたかっただけだったのか、3回ほどギャーギャー言うとおさまりました。
よく頑張った!
今年は幼稚園にも通い始めて心配ですが、なんとかインフルエンザにも罹らずに乗り切ってほしいものです。

夜。
私がお風呂の準備をして戻ってくるとナツがいません。
「ナツー」と呼ぶと、トイレから返事がありました。
覗いてみると、なぜか全部服を脱いですっぽんぽんでトイレに座っていました。
今までナツはトイレに行きたいときは、「ママー、ちっちー」と私を呼び、私がパンツとズボンを脱がせてトイレに座らせていました。
結構面倒なので、1人でトイレに行ってくれるのはいつなんだろうと思っていました。
それが1人で服を脱いでトイレによじ登り、ちゃんとオシッコできてました。
「ナッちゃんすごいね~」とめいいっぱい褒めましたが、なぜ裸・・・?
ナツは最近ようやく服を脱ぐことは出来るようになって、それが嬉しいのか、朝の着替えや服が濡れてしまったときなど、私が見ていないと、勢いで全部脱いでしまうのです。
今度はどこまで脱げばいいのかを教えないとね。

しかし念願の「1人でトイレ」もできて、勢いで全部脱いでしまうほど服を脱ぐのも上手になってとっても嬉しいのです。

by mineyom | 2005-11-30 23:57 | ナツの毎日