プリザーブドフラワー講座

昨日は日本人会で、プリザーブドフラワー講座を受けてきました。
先月に引き続き2回目です。
前回はひとりで参加したのですが、今回はnaokoさん、kantaさんと一緒で楽しかったです。
しかし私は2回目だったため、初めての方達とは席が離れてしまってちょっと悲しかった・・・。

今回は季節がら、クリスマス用のテーブルアレンジでした。
赤いバラや金色のまつぼっくりを使っての、華やかなアレンジとなりました。
前回は、花にテーピングをするのにてこずり、周りの方達よりもかなり遅れをとってしまいあせって作業する羽目になり、私向いてないのかも・・・と落ち込んだ私でしたが、今回はどの作業も比較的スムーズに進み、皆さんと同じくらいの時間で出来上がりほっとしました。
やはりやっていけば慣れていくものですね。
すぐに諦めずに続けてよかった。継続は力なりです。

しかし今回はアレンジのほうで上手く行かず、納得の行かない出来となってしました。
アレンジは下準備した花材を、自分の好きなように形づくっていくのですが、毎回、最初はあまり考えずに始めて、やっているうちにこんな感じとイメージが膨らんできて、最終的には満足という形になって終了するのですが、今回は最後まで、「あれーなんか変」、「うまくいかない~」と思っているうちに終わってしまいました。
勢いで始めないで、花材を挿していく前に、大まかな形をイメージしておくという作業をとるべきなのかもしれません。
見切り発車はまずいようです。
んん?それってもしかして基本かも?

本当は、シックで大人っぽい雰囲気にしたかったのですが、出来上がりはクリスマスケーキのようになってしまいました。
d0065459_2463377.jpg

このプリザーブドフラワーは、いくらでもアレンジし直せるというのがいいところなので、クリスマスが終わったら合う器を買ってきて、もう少し小さいアレンジに作り直そうと思っています。

レッスンが終わって、皆さんの出来上がり作品を見たのですが、同じ土台、同じ花材を使っても、みんなそれぞれ違う雰囲気になっているのが面白いです。
自分だけの作品となるのがいいですね。
何はともあれ、こうして毎月1つずつ作品が増えていくのは楽しいものです。

作業が終了したのが12時半だったので、naokoさん、kantaさん、kantaさんのお友達の4人で、「どんぐり」にお昼を食べに行きました。
食べながら1時間半ほどおしゃべりして、とても楽しかったです。
みんな幼稚園のお帰りギリギリの時間まで「どんぐり」にいて、名残惜しくお別れしました。

幼稚園に迎えに行くと、ナツは今日もご機嫌で1日を過ごしていました。
連絡帳によると今日は1日、「きらきらぼし」を口ずさんでいたそうです。
「きらきらぼし」大好きだもんね。
今幼稚園のお部屋にはクリスマスツリーが飾られていて、ピカピカを見ると歌いたくなっちゃうしね。
1日中歌っていたというのはちょっと気になるけど、まぁ、それだけハッピーだったということでしょう。

帰り際、園長先生がナツを抱っこして「ナツちゃんもそろそろバスに乗ろうか~?」と言ってくれました。
おおっ、嬉しい。やっとその段階まで来たのね。
最近朝雨が多く、非常にタクシーがつかまりにくくて、コンドミニアムのゲートの前で傘をさしてナツを抱っこし(朝はちょっとナイーブになっているため抱っこじゃないとだめ)、20分以上タクシーを待つことはざらなので、「そろそろ朝だけでも通園バスに乗って欲しいなー」と思っていた私です。

園長先生がそう言ってくれたということは、準備は出来つつあるということだと思います。
来年1月くらいからナツも園バススタートできるかな。

by mineyom | 2005-12-12 23:10 | 日々の出来事