クリニックへ

昨日はクリニックへ行ってきました。
ナツの咳が完全に抜けなくて、夜中や明け方に咳き込むので、やはり薬をもらってこようと出かけました。
今風邪が流行っていて、クリニックに行って悪化したり、違う風邪をもらったりするのがやっぱり怖いので、混雑する午前中は避けて、午後に行くことにしました。
午後の診療開始の15分前にクリニックに着き、待合室で待っていました。
前には3人の方が待っているだけで、診療開始になると、10分ほどで名前が呼ばれました。

今日はいつも診ていただいている小児科の先生が午後はお休みだったので、耳鼻科の先生に診てもらいました。
昔は聴診器をあてるだけでも嫌がり、のどを見せるのなんて大騒ぎだったナツですが、最近はすっかり慣れて、自分から「あ~ん」と口を開けてスムーズに診察してもらっています。
よく病院に行っているからかもしれないけど、本当におりこうさんになったなぁと思います。

耳鼻科の先生は、聴診器で胸やのどの音を聞き、じっくり診察してくださいましたが、診察結果は以下のものでした。
「呼吸音もきれいだし、のども問題ありません。薬も1日2回飲めばいいですよ。3日もすれば自然に出なくなるでしょう」
あら、そうなの・・・。
クリニックで風邪をもらわないようにと、かなり気を使ってまで来たのに、もしかしてわざわざ来なくても良かった・・・?
まぁ、快方に向かっているということでよかったのですが。

また体調を崩すことなく、この流行シーズンを乗り切ってもらいたいと思います。
夜中の咳は、いつも寝るときはDRYでエアコンをかけているので、乾燥するせいもあるかもしれないなぁと思いました。
これは空気清浄機や加湿器を置いたら改善されるのでしょうか?

クリニックは短時間で終了し、下に降りてparagonの地下を歩いていると、「新ばし」の甘味の写真が目に入りました。
「新ばし」はお蕎麦屋さんですが、午後2時半から5時半までは甘味が食べられます。
前から気になっていたのですが、中途半端な時間なため、これまで試す機会がありませんでした。
ちょうど小腹も空いてきていたので、フラフラと店内に入って行ってしまいました。
メニューを見ると、そば安倍川、おはぎ、葛きりと魅力的な甘味が並んでいます。
どれにしようか迷ったのですが、お餅だとナツが食べにくいので、「黒ゴマプリン」にしました。
グラスに入ってフルーツが飾られ、見た目もきれいでした。
一緒についていた、そばかりんとうが美味しかったです。
次回はおはぎが食べたいなぁ。

食べ終わってレジで会計していると、中国語、英語、日本語で書かれたポスターが貼ってありました。
年越しそばの予約の案内でした。
2人前、汁付きで14.90ドル。
こちらの方にも年越しそばの風習を伝えようとしているのでしょうか。
毎年年越しそばは、スーパーで買ったゆでそばを使っていたのですが、今年は年末は何もしないし、たまには美味しいそばを食べるのもいいなと思って、1セット予約してきました。
これを食べながら紅白を見るのが楽しみだなぁ~。

夜、お風呂の後のんびりしていると、ナツがとんでもないところに乗っていました。
d0065459_1439424.jpg

キャー、それは背中に乗るものじゃないのよ~。
馬のつもりなのよね・・・。
かわいそうなトナカイは、足がくねっと曲がってしまいました。

by mineyom | 2005-12-14 23:06 | ナツの毎日