目標

私は毎年、ナツのお誕生日にいくつかの目標を立てています。
目標といっても、次の誕生日までにこれとこれは出来るようになっているといいなぁというようなものです。
2歳の誕生日に立てたのは、「断乳」と「オムツはずし」でした。
正直なところ、2歳になった時点では、どちらも絶対に無理だ・・・と思っていました。
2歳半を過ぎても、達成するのはかなり厳しいと思っていました。

しかし結果は、オムツはずしは2歳9ヶ月、断乳は3歳の誕生日寸前で完了しました。
ゆっくりな歩みでも、子どもは日々前に進んでいるもので、親の予測を裏切って何とかなってしまうものだったりします。
この1年かけての目標というのもいいのだと思います。
周りの子ができているから、もうすぐ出来るようにならなきゃとか、短いスパンでの目標だととても焦ってしまいます。
1年あれば何とかなっているんじゃないかという、それだけの余裕があると、私自身が楽だし、実際1年という長期間であれば、意外に子どもも成長しているものです。

3歳の誕生日に立てたのは、「着替え」「靴履き」などの身辺自立でした。
実はこれも、3歳になった時点ではかなり時間がかかるのではないかと思っていました。
しかし現在3歳3ヶ月にして、靴は1人で履けるようになり、服も着るのはまだフォローがいりますが、脱ぐことは出来るようになりました。
これは幼稚園の力が大きいのですが、正直こんなに伸びるとは思っていませんでした。
服を着るのも、3歳半までには何とか達成できるかなぁ?と思っています。
そうすると、更なる4歳までの目標はなんでしょう。
「箸で食べる」とか「ボタンをはめる、はずす」というところでしょうか。
これも難しそうだなぁ。
また焦らず取り組んで、何とか達成できれば嬉しいと思います。

最近やっと幼稚園に慣れ、来年から園バスに乗れそうな気配になってきて気付いたことがあります。
幼稚園の同じクラスの子達は、早い子は3日、遅くても2週間くらいで全日保育になり、園バスにも乗れるようになります。
しかしナツはなかなか幼稚園に慣れることが出来ず、バスに乗せることも出来ず、どうしてうちの子だけこんなに時間がかかるのだろうと思っていました。
ナツより年下の子が、元気にバスから降りてくるのを見て、どうしてうちの子は出来ないんだろうと思ってしまうこともありました。

しかしこの半年ナツなりのペースで進んできて、先が見えてきた今、ほかの子より時間がかかるというのは、逆に見ると、半年待てば何とかなるとも言えるのではないかと思いました。
取り組んでいる間は先が見えないので、これがいつまで続くのか、本当に出来るようになるのかと思ってしまうのですが、半年待ってあげれば、何かが変わってくるのです。

この先年を経るごとに、もっと大きな壁にぶち当たるだろうと思います。
そんな時、どうしてこんなに時間がかかるんだと思うのではなく、半年待てば何とかなるよと思えば、頑張れると思います。
半年はその最中には決して短い時間ではないのですが、振り返ればちゃんと成長していることが分るんですよね。
この半年、幼稚園通園というものと格闘してきて、辛いこともありましたが、それに気付けたことだけでも本当によかったなと思います。

さて、最後に最近感じるナツの成長。
1人でズボンとパンツを脱ぎ、トイレによじ登って1人で用を足すことが出来るようになったナツ。
しかしいつもは甘えて、私に連れて行ってもらいたがり、私がトイレに座らせています。
そして終わるまで私が脇に立っていて、終わったらトイレから下ろしていたのですが、最近は座ると同時に私に、「ママ、あっち」と言ってトイレから追い出し、1人で用を足します。
そして終わったら大きな声で「でたー」と叫ぶのです。
はじめてトイレから追い出されたときは驚いてしまいました。
しかしそうかナツちゃんも、1人のトイレタイムを満喫したいのね~と思いました。
うん、やっぱりトイレは人に見られたくないよね。
出るものも出なくなっちゃう。
ドアは開けっ放しだけどね。

by mineyom | 2005-12-15 22:46 | 育児