パフォーマンスディ

土曜日はパフォーマンスディでした。
幼稚園の発表会です。
この日を前からドキドキしながらも、楽しみに待っていました。
当日は、園バスは直接会場まで子供達を連れて行くということだったので、私たち送り迎え組みも、9時過ぎにタンピネスの会場まで送っていきました。
発表会をやったSAFRAタンピネスは、ジムやプール、体育館などが併設されたとても大きな施設で、会場となったシアターも立派で驚いてしまいました。

親は開場の9時45分までに入ればよかったので、一緒に出かけたTさんとカフェで時間をつぶしました。
9時45分になったので、シアターに行くと、すでにたくさんの保護者の方がいらしていました。
各学年ごとに分かれて座るのですが、うちはN1クラスの一番前の席を取ることができました。
はじまるまで、ちゃんと出来るだろうか、泣いたりしないだろうかと期待と不安が高まります。

園長先生の挨拶のあと、ナツのいる一番下のクラス、N1クラスの発表が始まりました。
しかもナツはAグループでトップバッターです。
幕が開いたら子供達はすでにステージにスタンバイしていたのですが、突然ステージが明るくなり、目の前にたくさんのお客さんがいたのでびっくりしたのか、「一体なにが起こったの?」という感じで、みんな完全に硬直していました。
ナツも驚いた様子で顔が引きつっていました。
しかし小さい子達のクラスなので、その様子もまた可愛らしかったです。

まず始めに座ったまま、英語の歌と手遊びを披露してくれました。
最初は固まっていたナツですが、徐々にほぐれてきたのか、少し手を動かしていました。
d0065459_922336.jpg

最後には手を振ってアピールする場面も。
d0065459_924688.jpg

続いては立って日本語の歌のダンス。
歌は「月夜のばんに」でした。
みんなの動物の衣装が可愛かったです。
ただナツの履いていたスカートは、ウエストのところで紐を引っ張って調整しなければならないのですが、大勢をいっぺんに着替えさせたこともあって先生が気付かなかったのか、思いっきりスカートが下がって、短足な人になってしまっていました。
まぁ、それも可愛らしくていいのですが。

担任の先生が、ステージから良く見えるところに立って、音楽にあわせて踊っていてくれたので、それを見て子供達は踊っていました。
ナツは真ん中に立っていて先生がよく見えたのか、先生をじっと見て一生懸命真似していました。
d0065459_932243.jpg

突っ立ったままのところも多かったのですが、たぬきのおなかポンポコやうさぎの耳ピョンピョン、べびの手をクネクネはやっていました。
思っていたよりよく動けていたので、びっくりしました。
d0065459_935531.jpg

始終顔は硬い表情のままでしたが、最後には笑顔も出ていました。
しかし私はその場ではずっとハラハラしていて、あまり感動は押し寄せてこず、何事もなく終わってよかったと思っただけでした。
あとから夫がとったビデオを見て、ナツよく頑張ったなぁとジンと嬉しくなりました。

ナツの出番が一番最初に終わってしまったので、あとはリラックスし、楽しんで見ることができました。
N1クラスの子は、最後までもたないかもしれないという事で、発表が終わった時点で親の元に帰り、いつでも解散していいということでしたが、ほかの発表も見たかったので、ナツと一緒にステージを見てました。

みんな元気いっぱい伸び伸びとしていてとても気持ちよかったです。
K1(年中)、K2(年長)の子達はすごくしっかりとしていて見応えがあったのはもちろんでしたが、N2(年少)の子達がみんなで大声で歌を歌って、ダンスがぴったり合っているのに驚いてしまいました。
1年の差はすごいですねぇ。
ナツたちも1年であんなになれるのかなぁと思ってしまいました。
N2、K1、K2とそれぞれ3曲ずつ披露して、とても楽しめました。
グランドフィナーレの先生もまじってのみんなでの合唱も良かったです。
今回N1クラスはまだおまけのようなものだったので、来年が待ち遠しくなりました。

会場を出たところで、たぬきの衣装のままで写真を撮りました。
会場では思ったよりステージが遠くて、ズームにしても、あまり大きく写真が撮れなかったのです。
d0065459_943451.jpg

たぬきのシッポ。
d0065459_945997.jpg

終了したのは12時少し前で、緊張していたのもあって(どうして私が?)、終わった途端、力が抜けてお腹がすいてしまいました。
近くのタンピネスモールまで行って、「ディンタイフォン」でお昼を食べました。
d0065459_952577.jpg

小籠包と餃子。
d0065459_955259.jpg

海老とポークのシュウマイ。
ほかにもいろいろと、お腹いっぱい食べてしまいました。

食べている途中、近くの席にいた同じ幼稚園のお姉ちゃん達がナツに気が付いて遊びに来てくれました。
1人の子は、ナツをとても気に入ってくれているようで、ぎゅっと抱きしめたり、チューしたりと熱烈な可愛がりぶりでした。
かなり赤ちゃんだと思われている?とは思いましたが、いつもこうしてお世話してもらっているのかなぁと嬉しくなりました。
ナツの幼稚園では、学年関係なくよく一緒に遊んでいるようなので、お姉ちゃん、お兄ちゃんとのふれあいが多いのもいいなと思いました。

by mineyom | 2005-12-17 23:11 | 幼稚園