チーズプラタ屋さん

月曜日は、友人のむんちゃんに、美味しいというクレメンティのチーズプラタやさんに連れて行ってもらいました。
ここはいくつかのブログで紹介されていて、前から気になっていたお店です。

ロティプラタといえば、シンガポールに来たばかりの頃に、ベッドク駅前のホーカーで、「ここ行列してるから並んでみよう」と何気なく並んで買ったロティプラタが大当たりで、とても気に入ったという思い出があるのですが、その後食べる機会があまりなく、気になる存在のままでした。
なので、この日はむんちゃんの「チーズプラタを食べに行こう」という提案に、1も2もなく賛成したのでした。

プラタとは、小麦粉のタネを薄く焼いたパンケーキのようなもので、スープのようなカレーをつけて食べます。
ここのはチーズ入りが売りで、皮の間にチーズを挟んで焼いてあります。
私達は、「トマトチーズ」「マッシュルームチーズ」「パイナップルチーズ」「パイナップル」を注文しました。
お店に着いたのは12時少し前で、店内はすいていました。
しかしここは24時間営業で、夜になると店の前は車でいっぱいで、すごく混むそうです。
d0065459_1933918.jpg

やってきたプラタを半分ずつ分けて食べました。
「トマトチーズ」も「マッシュルームチーズ」もカレーによく合い、とっても美味しい。
このカレー自体がいい味をしているので、残ったカレーをそのまま飲んでしまいました。
「パイナップルチーズ」と「パイナップル」は、カレーをつけて食べるのではなく、シロップがかかっています。

「パイナップルチーズ」は注文するときに、「フルーツにチーズはどうなの」とむんちゃんに聞いたら、「ハワイアンピザが大丈夫ならOKだと思うよ」ととっても分りやすい説明を受けたので、安心して口をつけました。
パイナップルの甘さとチーズのしょっぱさがいいハーモニーになっていて、意外な美味しさでした。
ただの「パイナップル」は少し甘すぎたので、私はこちらのほうが気に入ってしまいました。
フルーツ入りは、ほかにバナナがありました。

1人2枚といっても小さめサイズなので、軽く食べられました。
周りの方たちは、ご飯物を食べている人が多かったです。
食べ終わるとお店が少し混んできたので、場所を移すことにしました。
ナツのお迎えにはまだ時間があったので、むんちゃんのお宅に寄らせていただくことにしました。

突然の来客でもきれいなむんちゃんのお宅。
お花の話を聞いたり、本を見せてもらって過ごすうち、お迎えの時間になったので、幼稚園までナツを迎えに行って、そのまままたむんちゃんのお宅へお邪魔させていただきました。
まだ話し足りなかったので。2度もお邪魔してごめんなさい。

ナツは最近昼寝の時間が減っていて、お昼で幼稚園から帰って来ても昼寝したりしなかったりで、午後は機嫌が悪くなることが多いのですが、全日保育の日は、みんなにつられてしっかりお昼寝を取ってくるからか、ずっとご機嫌なことが多く助かります。
その分夜なかなか寝てくれなかったりするのですが。
d0065459_1941179.jpg

私達は、「パティシエ」のケーキでお茶タイム。
ナツはイヤイヤタイム。
我が物顔でむんちゃんちを歩き回り、「アンパンマンみる」と無理な要求を繰り返してました。
動物番組のビデオをつけてもらってご満悦。
すっかりくつろいでしまい、長居してしまいました。
とっても楽しい時間でした。

by mineyom | 2005-12-19 23:22 | シンガポール グルメ