クリスマスプレゼント

d0065459_10155693.jpg

ナツが「みてー」とカメラに向けているのは、日本のじいじから送られてきたクリスマスプレゼント。
日本の食材やDVDと一緒に、クリスマスカードとともに入っていました。
たくさん荷物を詰められた小包、いつでも開けるのは楽しいものですね。

このケーキ型のバックは、ナツが誕生日に買ってもらった「野いちごのおままごと」のキッチンと同じシリーズのもの。
袋から出した途端、ナツは「けーき!」と叫び、ハッピーバースディの歌を歌っていました。
かなり気に入ったようです。
早速バッグを持って家の中をお散歩。
うっとりと見つめ、女の子らしい表情も見せていました。
d0065459_10162748.jpg


最近ナツのおしゃべりがとても楽しいです。
言葉が遅いわりにはいつも歌っていたり、独り言を言ったりしていて、おしゃべりな子になりそうだなと思っていたのですが、5日ほど前から、とうとう2語文が出てきました。

今まで2語文らしきものはあったのですが、単語を2つくっ付けて1つの単語として使っている感じで、これは2語文といえるのかなぁと思っていました。
それが突然単語を組み合わせて、話すようになったのです。
最初に出たのが「ぱぱ、いなーい」で、そのあとすぐに「まま、いなーい」「わんわん、いなーい」と続きました。

ナツは発達がゆっくりなので、ほかの子がなんでもなくスイスイと通り抜けてしまうところも、ゆっくり時間をかけて習得していきます。
ですからほかの子があっという間に通り過ぎ、気付かないようなことも、つぶさに見ることが出来ます。
ナツを見ていて、人はこうして言葉を獲得していくんだなぁと、感心してしまいました。

ナツは今まで単語のみで話していたので、非常に言いたいことが伝わりにくく、もどかしい思いをすることが多かったろうと思います。
私ならばまだ「こっぷ」と言われれば、水が飲みたいとか、「はいちーず」と言われれば、写真が撮りたいんだとか分りますが、ほかの人には伝わりにくいし、私でもよく分らないことはたくさんありました。

必死で訴えているのに、なかなか分ってもらえない。そんなナツが今回発見したこと。
大好きなアンパンマンのDVDが見たい時、「アンパンマン」ではなかなか通じないが、「アンパンマン」と「いない」とくっ付けたら、思いが通じるのではないか。
「あんぱんまん、いなーい。あんぱんまん、いなーい」と必死にいうナツを見てそう思いました。
単語と単語を組み合わせて文にすれば、もっと分りやすく、伝わるんだということは、ナツにとっては大発見だったんじゃないか。
私達は何気なく文を話しているけれど、文はこうして始まって、より伝えやすくなったのはないかと感動してしまいました。

ナツはこれがかなり気に入ったらしく、何かが欲しくて訴えたいとき、「めんめんなーい」「しまじろういなーい」「くっくなーい」と単語を駆使して使い分けるようになりました。
ゆっくりゆっくり言葉を獲得していく様を、これからも見つめて行きたいと思います。

by mineyom | 2005-12-29 23:41 | ナツの毎日