アリ、アリ、アリ!

ここのところずーっと雨続きで、気分もじっとりしてしまったシンガポールですが、金曜日は久しぶりに晴れ間が見れて、気持ちの良い日となりました。
しかし今うちが悩まされているのはアリ。
体長1ミリくらいの小さい小さいアリです。
この家に越してから10ヶ月、ヤモリにもゴキにもアリにも全く遭遇することなく、とっても快適な生活を送っていたのに、ここへ来て突然ありが発生しました。
とっても憂鬱です。

思えば前に住んでいた家も、新築で虫とは無縁の生活をしていたのに、やはり雨季が始まったころにアリが突然出始めたんですよね。
その時はどんどん出没範囲を広げていくアリに、「ギャー、こんなところまで!」と叫び続け、ノイローゼになりそうでした。
さすがに人間慣れるのか、今回はそこまでパニックになることはありませんが、本当にイヤでたまりません。
見つけるたびに「ああ~」と鬱々とした気分になってしまいます。
アリの発生って雨季と関係あるのでしょうか。
そうだとしたら雨続きから脱したようなので、ちょっとはましになるのかな。

シンガポールのアリって不思議で、なぜか水の入っていたコップの中にいたり、ひたすら壁を歩いていたりして、特に甘い物によってくるというわけでないんです。
ナツのお菓子の食べこぼしや、食べ終わったアイスやフルーツの皮が入ったゴミ箱などは無視。
なのでごみを出さないようにしたり、きれいに掃除をしたりしてもあまり効果はないんです。
前の家のときはアリコンバットが結構効いたのですが、今回のアリたちには全く効き目なし・・・。うんざりしてしまいます。
今日、西野薬局へ行って「アリメツ」を買ってきたので、これは効いてくれるかな。
早くアリとの生活はおさらばしたいです。

午後、ナツを幼稚園へ迎えに行くと、見たことのないズボンを履いていました。
どうしたのかと思ったらトイレで失敗したとのこと。
最近は昼間の失敗は、全くなかったので珍しいなと思ったら、お漏らしではなく、トイレでおしっこをするときに濡らしたようなのです。
この日は着替えにワンピースを持たせていました。
外遊びが多い日はズボンのほうがいいですが、そうでない日はワンピースのほうが涼しいし、同じクラスの女の子はワンピースを着てる子が多いなぁと、たまたまあまり考えずに持たせたのです。

しかしトイレではそれが仇になったようです。
トイレに座ったあと、ワンピースを前でたくし上げて持っていないので、勢いよく出てしまうと濡れてしまうようです。
先生も注意を促してくれているのですが、今回は間に合わなかったということでした。
確かに家でも、すその長いシャツのときに濡らしてしまったことがありました。
シャツでそうなのですから、ワンピースならそうなるのは目に見えています。
やっぱりズボンじゃなくちゃダメだなぁと気軽に持たせてしまったことを反省しました。

これから濡らさないで注意してすることも教えなければなりません。
ただトイレでできるというだけでなく、最初から最後まで、自分ひとりでちゃんとできるというところがゴールなのですね。
これからはトイレマナーが課題です。


今日の読書
「夜のピクニック」 恩田陸
2005年本屋大賞の第一位ということで読んでみました。
ただ一昼夜、24時間歩きとおすという高校の行事を書いた物語です。
さわやかな青春小説です。

今年、全国の書店員が選んだ一番売りたい本というコンセプトの本屋大賞という雑誌を買ったので、今まで読んでいなかった作家と出会えてなかなかの収穫でした。

by mineyom | 2006-01-13 23:01 | シンガポール生活