お正月料理

今日から2月1日までナツの幼稚園はチャイニーズニューイヤーのお休みです。
今年の元日は1月29日ですが、少し早くお休みに入りました。
夫のほうは明日から休みで、今日は仕事納めだと出かけていきました。

今年のチャイニーズニューイヤーは何も予定がありません。
本当はパースに行く予定で、10月頃に申し込んだのですが、すでに飛行機がいっぱいで取れず、ずっとキャンセル待ちをしていました。
しかし結局空きが出なかったので、仕方なく今年の旅行はなしとなりました。
夫は最後までどこでもいいから旅行に行きたい!と騒いでいましたが、今からじゃあどこも空いてないよと、諦めたのでした。

ならば今年はシンガポールで楽しめることをしようと、いろいろプランは練っています。
上手く予定通りにこなすことが出来たら、随時ここで報告したいと思います。
とりあえず今日はどうしようかと考えていたところ、夫が「今日はもう終わり」と、午前中だけ仕事をして帰って来たので、お昼にお正月料理を食べに行くことにしました。
本来29日以降に食べるものなのでしょうが、私たちは日本人でそれほどこだわりはないし、年明けに行ったらきっと混んでいるだろうから、今のうちに食べておこうということになったのです。
星日報の記事によると、1月23日から正月料理を出しているところがいくつもありました。

今回は「Four Seasons Hotel」の「Jiang-Nan Chun」に決定。
少し前に飲茶を食べて気に入ったところです。
シンガポールの「Four Seasons Hotel」は、こじんまりしてて地味な印象ですが、中はとても落ち着いて高級感のあるホテルです。
「Jiang-Nan Chun」も素敵なレストランです。
d0065459_1523257.jpg

本来中華料理は大勢で食べるものですから、大人数用のセットメニューがたくさんありました。
注文の仕方に悩みましたが、ここは少人数用のセットメニューもあったので、それを1人前頼み、あとはスモールサイズの魚生(ユーセン)を注文しました。
魚生は、チャイニーズニューイヤーに食べる縁起物の料理で、刺身サラダのようなものです。
私はこれが好きで、前々からお正月にこれを食べるのを楽しみにしていました。

ここの魚生は、サーモンがベースで、ほかにロブスターやあわび、ホッキ貝、ふかひれなどを追加できました。
かなりお値段が張るので、私たちはロブスターを少しだけ追加しました。
d0065459_1531048.jpg

フルーツのソースに魚を混ぜ、細切りにした野菜の山を乗せます。
盛り付けながらお姉さんが、ロブスターは元気に跳ねるから「アクティブ」をあらわす、クラッカーはゴールドの色から「金」、野菜は「金銀財宝の山」などと説明してくれました。
みんな意味があるようです。
d0065459_1533631.jpg

そしてこれを、テーブルを囲んだみんなで、箸でつまんで持ち上げて混ぜます。
私たちは2人きりなうえ、やり方も正確には分らないので、かなり控えめにやっていました。
しかし私たちの隣の10人ほどのメンバーがいたテーブルは、みんな立ち上がり、箸でつまんで高々と持ち上げと豪快にやっていました。
「あの~、お皿の外にものすごくこぼれてますけど・・」と言いたくなるほどでしたが、本来はあれくらい思いっきりやるものなのでしょうか。

魚生は、野菜がた~くさん取れていいと思います。
やっぱり美味しかった!
しかし夫は、実はこの魚生がちょっと苦手なのです。
食べてはいるものの、「食べ物が甘いのはどうもなぁ」と言いながらなかなか箸が進みません。
甘いソースが好きではないのです。
私たちが頼んだのはスモールサイズですが、そもそも何人かで少しずつ分けて食べるもので、1人でバクバク食べるものではありません。
美味しかったけれど、これだけでお腹いっぱいになるほどでした。

魚生を何とか片付けたあと、セットメニューの品が運ばれてきたので、1人前を分けて食べました。
まずは海老の前菜。
香草のソースが変わっていました。
プリプリしてて美味しかったです。
d0065459_154351.jpg

続いてふかひれと帆立とカニ肉のスープ。
スープというよりもふかひれとカニ肉煮じゃないかというくらい贅沢に具が入っていました。
d0065459_272027.jpg

揚げ鱈のねぎソース。
周りはクリスピー中は柔らかく美味しかったです。
ナツも喜んで食べていました。
d0065459_274798.jpg

ほうれん草豆腐のきのこソースがけと炒飯。
d0065459_282249.jpg

そして夫がちょっと足りないと、飲茶も追加してました。
海老餃子と牡蠣と帆立のシュウマイです。
私はかなりお腹いっぱいだったんですが、美味しく食べられちゃいました。
d0065459_284420.jpg

そして最後にマンゴープリン。
ポメロとソースがとてもさわやかです。
d0065459_2979.jpg

チャイニーズニューイヤーサービスなのか、お店のお姉さんがおもむろに風船を膨らませはじめ、ナツに花を作ってプレゼントしてくれました。
ナツは大喜び。
d0065459_293296.jpg

入り口ではオレンジや桃をかたどったお菓子も売られていました。
とってもかわいくて買いたかったのですが、食べきれないかなぁと思ってやめました。
しかしお店からは赤い袋に入ったオレンジ2個をお土産にもらい、満足満腹で帰って来ました。

by mineyom | 2006-01-27 23:56 | シンガポール グルメ