イスタナ訪問

今朝起きたら、腕が筋肉痛になってました。
昨日の抱っこがきいたようです。
水の中なので重さはあまり感じませんでしたが、ライフジャケットを着ていたので、抱っこしずらかったんですよね。
今日は昨日の疲れを取るべく、朝ゆっくり寝て、のんびり過ごしました。
そしていつものように、今日も午後から行動開始です。

今日のお出かけは「イスタナ」(大統領官邸)です。
イスタナは、普段は厳重に警備され、一般人はもちろん中に入れないのですが、年に数度だけ一般公開されます。
今年は、Chinese New Year 、Deepavali 、Hari Raya Puasa 、     Labour Day 、National Dayの5回です。
毎回シンガポールにいなかったり、忘れてしまったりで行くチャンスがなかったのですが、一度は訪れてみたいとずっと思っていて、今日それが叶いました。

私たちがイスタナ前に着いたのは午後3時過ぎ。
すでに長い行列ができていました。
失敗です。もっと早い時間に来ればよかったと後悔しました。
一瞬くじけそうになりましたが、せっかく来たのだからと列の最後尾に並びました。
すぐに後ろにも行列ができました。
しかしどんどんと中に入っていくので、思ったよりも列の進みは速く、30分弱で中に入ることができました。
入場の際、シンガポール人は無料ですが、そのほかは1人1ドル払います。
d0065459_421415.jpg

これが普段は厳重に警備され、足を踏み入れるなんてとんでもない、イスタナの門。
d0065459_431091.jpg

微動だにしない衛兵さん。
みんな次々と横に並んで記念撮影をしていますが、まるで見えていないかのような直立不動ぶりです。

厳重なセキュリティチェックを受けて中に入ると、そこにはただっ広い草原が広がっていました。
広い公園か、ゴルフ場のようです。
d0065459_4143261.jpg

d0065459_435789.jpg

池があったりしてなかなかきれいなところでした。
ただとにかく広くて、官邸にたどり着くまでが大変です。
かなり歩きました。
d0065459_475255.jpg

d0065459_482299.jpg

途中に子どもの遊具が置いてあるところがあり、子どもが元気よく遊んでいて、イスタナを開放して国民を楽しませているというのが感じられてよかったです。
d0065459_485475.jpg

噴水の向こうに見えるのが官邸。
官邸前では、軽快な音楽に乗ってきれいな女性達が舞っていました。
人がいっぱいで全然見えなかったですけど・・・。
ただそれを主賓席(?)で眺めるナザン大統領は見ました。
このナザンさん、ゴルフのカートのようなものに乗って、本当に普通に人々の間を走っていたので驚いてしまいました。
みんな一生懸命写真を撮っていました。
フレンドリーでいい感じだなぁと思いました。
d0065459_492424.jpg

イスタナの中は、入館料2ドルを払ってみることができます。
この中は撮影禁止だったので、写真はありませんが、豪華なシャンデリアがたくさん下がっている重厚な部屋で、見応えがありました。
バンケットホールには、各国から送られた贈答品が並べられており、品物は様々で興味深かったです。
ちなみに日本のは上品な壷でした。
d0065459_49468.jpg

私たちはただ庭を歩いて回っただけですが、芝生に座って寛いでいる人がたくさんいました。
年に数度、人々の憩いの場所になるんだなぁと思いました。
特に何があるわけでもありませんが、広々として気持ちのよいところでした。
普段閉ざされているところだと、中を見たくなりますよね。
念願かなって満足でした。
でも一度行けばもういいかな?

by mineyom | 2006-01-31 23:26 | シンガポール生活