週末の出来事

土曜日はランチにシンガポール料理を食べに行きました。
スイソテルスタンフォードホテルの2階「コピティアム」です。
シンガポール料理といったらチキンライス、ラクサなどが思い浮かびますよね。
ここは、ローカル料理がそろっていて、一度にいろいろ試せちゃうので、日本からお客さんが来た時によく行ってました。
もちろん1つの料理で看板掲げてやっている有名店に、味ではかなわないですが、レストランでシンガポール料理をいろいろ食べられると好評でした。
ホテルのレストランのわりにはカジュアルなのも気に入っていました。

今回はラクサ、チキンライス、福建麺を注文。
夫はまず「barley」をオーダー。
d0065459_12275618.jpg

大麦のジュースで、ローカルのレストランなどではよく見かけます。
ここはbarley飲み放題なので、そこが夫がこのレストランを気に入っている理由の1つ。
ここではbarleyを飲んでいる方が非常に多いです。
味は葛湯のようで、健康には良さそうかな。

ラクサ。
d0065459_12281453.jpg

ココナッツミルクとチリのコクのある辛いスープの麺。
苦手という方もいますが、はまります。
日本にはない味なので、食べられなくなってしまうのが悲しいです。
しかし、シンガポールに来たときは、辛い物が全然食べられなかったんですけどね~。
少しずつ慣らされ、気付いたらだいぶ食べれるようになってました。

チキンライス。
d0065459_12283142.jpg

蒸した鶏と、チキンスープで炊いたご飯、スープのセット。
3種類のソースにつけて食べます。
まさにシンガポールの味ですね。

福建麺
d0065459_1228529.jpg

シンガポールにはじめて来て食べた福建麺。
私の福建麺の味の基準になってます。
あっさりめで食べやすい味です。

3人で分けて食べたのですが、どれも結構量があったので、かなりお腹いっぱいになりました。
ここはローカルデザートもあるので、食べたかったんですが無理でした。
しかし何を食べてもそこそこ美味しくて気に入っていたんですが、今日久しぶりに行ったらちょっと味が落ちているような・・・。
値段も全体的に3ドルくらい値上げしてました。
お気に入りだっただけに、非常に残念です。

さてそれから、日曜日のランチに食べに行ったのは、お粥!
ここのところボリュームがあるものが多くて、あっさり行きたかったので、この日はお粥やさんに行きました。
New Bridge Roadにある「長城粥品中心」です。
d0065459_12291377.jpg

私はポーク、夫はチキンとピータン入りにしました。
d0065459_1232558.jpg

チキンはかなりあっさり味です。
マックスウェルの行列のできるお粥屋さん「真真」とは対照的なお味でした。
あちらは生姜たっぷりで、塩気もたっぷりですが、こちらは優しい味です。
でも具はたっぷりで、食べ応えはあります。
ポークのほうはそれに比べるともう少しこってりしています。
コクがあって美味しいです。
どちらもレバーが入っていたので、力が付きそう。
日本のお粥のイメージと違って、しっかり1食分のご飯なので、大きい器に並々と注がれ、しっかりお腹いっぱいになります。
ここはかえるの足のお粥が有名だそうなので、思い切ってそれを試してみるのもいいかもしれません。

そして週末はかなり頑張りました!片付けを!!
引越しやさんが持ってきてくれたダンボールがすでにあるので、「廃棄」「日本人会バザー」「フリマ」「航空便」と4つダンボールを作り、仕分けしていきました。
2日間で、本、雑誌、ナツの服、自分の靴とバッグ、リネン類、食器をやりました。
去年引越しをしたので、不用品はあまりないと思っていましたが、かなりありました。
やはり日本には持っていかないというものが多かったです。
特に日本人会バザーに寄付するものは、あっという間にいっぱいになってしまいました。
売り物にはならないけど、このまま捨てるのは忍びないというものが多いのですよね。
何回かせっせと運ぶことになりそうです。
今週末でだいぶすっきりはしましたが、手をつけていないところもまだまだあります。
少しずつやっていかないとね。

夕方にはお友達がトランポリンを取りに来て下さいました。
大きすぎて、とても日本には持っていけませんからね~。
トランポリン大好きなDragon君にもらわれて、トランポリンも本望だと思います。
少しずつ家がすっきりして気持ちいい反面、少し寂しい気もしますね。
最後のトランポリンを楽しむナツ。
d0065459_12301956.jpg

by mineyom | 2006-03-12 23:49 | グルメ