持ち寄りパーティー

月曜日は、私とナツの送別会でお友達が持ち寄りパーティーを企画して下さり、Sさん宅にお邪魔してきました。
ママ6人、子ども6人が集まり、とってもにぎやかに過ごしました。
ナツも最後にお友達と遊べて、とっても楽しそうでした。

持ち寄りパーティーということで、皆さんが様々なお料理を用意してくださっていて、どれもすごく美味しく、たくさんの種類があって食事も本当に楽しめました。
お宅をお借りしたので、子どもも伸び伸び遊べ、私もゆっくり皆さんとおしゃべりできてよかったです。

ナツは遊びつつも、お料理が気になるようで、フライング気味でたくさん食べていました。
普段私が作らないようなものもいろいろあったので、とても気に入ったようでした。
またこんなパーティーをしたいなぁと思ったので、これで最後というのが寂しかったです。
でも最後にみんなと遊べて、お別れできたので良かったです。

火曜日は、休息日&翌日の船便、航空便出しを控えて荷造り。
数日前から少しずつ片付けていたので、スムーズに終了しました。
ナツはずっと、「アンパンマン~、しまじろう~」と騒ぎ続けていました。
ケーブルテレビは解約し、ロクラクのレンタルも返却し、DVDプレーヤーもフリマで売ってしまって、ここ数日何も見るものがなくなってしまったのです。
プレーヤーがないのに、何度もDVDを出してきてしまって、「もう見れないんだよ」と言い続けるのに疲れてしまいました。

そして1つ驚いたこと。
私達はこちらに来るときに日本からマウンテンバイクを2台持ってきたのですが、こちらではほとんど乗ることなく、ずっと地下の駐車場に置きっぱなしになっていました。
いつの間にかサドルは盗まれ、ほこりをかぶってすっかり惨めな姿になっていました。
今回持って帰るか悩みましたが、元はいい自転車で、乗って上げられかったのがかわいそうだったので、日本に持って帰ってメンテナンスして乗ろうと、持って帰ることに決めました。

しかし船便出しのためにチェックに行くと、なぜかいつの間にか、新しいサドルが付けられ、見たことのない自転車と一緒に並んでチェーンでつながれていました。
もう廃棄されたんだと思った方が、知らぬ間に自分のものにしていたようです・・・。
実は船便の規定がギリギリで、自転車を持って帰ると規定を超えそうだねと心配していた私達。
このまま捨てておくのは可哀想だけど、誰か使ってくれる方がいるならば願ったりです。

新しいサドルがついた姿を見て、「いい人にもらわれて良かったね」と思いました。
これからシンガポールの街で活躍してくれるはずです。
そんなこんなありましたが、なんとか荷物の仕分けは出来ました。
後は船便出しを待つばかりです。

by mineyom | 2006-03-27 23:31 | シンガポール生活