小児科さがし

子どもと病院は切っても切れない関係ですね。
子供はいつ体調を崩すかわからないから、近くの病院だけはチェックしておかなければならないなぁと思っていました。
今回ナツが風邪を引いて、いろいろ病院を探したのですが、いい病院、合う病院を探すのはなかなか難しいですね。
近所の方の口コミが一番確かだと思うのですが、まだ近所にお友達がいないので、タウンページだけが頼りでした。

家から近く、できれば小児科専門の先生がいいと思ったのですが、小児科を専門に扱っている病院は少ないんですね。
たいていは「内科・小児科」となっていて、歩いていける範囲には小児科専門の病院はありませんでした。
内科医でも、子供を多く診ていらっしゃる先生ならば安心なのですけどね。

小児科以外の科が併設されている病院ならばたくさんあって、今度はかえって迷ってしまうほどでしたが、家から一番近い、「耳鼻咽喉科・小児科・内科」を掲げる病院に行って見ました。
風邪の時には耳鼻科でも診てもらうといいと言いますし、中耳炎になってしまってもすぐに分っていいと思いました。
かなり古い感じの病院ですが、患者さんも多いし、子どもの姿も見かけました。

診察の結果は風邪で、中耳炎になりかけているということでした。
実はずっと気になっていた、奥に入ってしまって溜まった耳垢もきれいにしてもらい、一石二鳥でした。
ただこの病院、前時代的なシステムというか、広い待合室で待っているとまず診察室に入るように呼ばれ、自分の順番が来るまで診察台の後ろに置かれた長いすに並んで座って待つのです。
順に呼ばれていきますが、待っているのは診察室の中なので、ほかの患者さんに診察内容が丸見え、丸聞こえになってしまうのです。
今だにこんな病院があるのかとびっくりしてしまいました。
しかも先生はおじいちゃん先生で、大きなマスクをしているせいか、口の中でモゴモゴ言っていて全然話が聞き取れないのです。
そのためそばに通訳役の看護婦さんが付いている始末。
先生「モゴモゴモゴ」
私「え?」
看護婦さん「体重は何キロですか?」
私「15キロです」
先生「モゴモゴモゴ」
私「え?」
看護婦さん「また明日診せに来てください」
てな具合でした。しかしこの看護婦さんはプロです。

う~ん、どうかなと思いながら3回ほど通ったのですが、いつまでたっても良くならないので、薬が効かない!と、思い切って病院を変えることにしました。
「内科・小児科」はたくさんあって、どこに行けばいいのか迷ったのですが、道を歩いていて夫が「ここは?」と何気なく言ったところに入ってみました。
まだ新しくとてもきれいで、待合室は子どもばかりでした。
子供を多く診てる先生がいいと思っていたので、これは良さそうです。
診察も丁寧で優しくかなり好印象でした。
2軒目にして「あたり」だったので、病院巡りをせずにすみほっとしました。
ここへ行ってから3日ほどで、ナツの風邪は完治しました。
いい先生に出会うのって難しいですよね。
相性もあるし、何よりも家から近くないと困りますものね。

しかしナツはよく病院にかかっているので、乳幼児医療証が本当に助かっています。
月初めに提出すればまったくお金がかからないなんて素晴らしいですね。
今は当たり前のことなのかもしれませんが、シンガポールで高い医療費を窓口で払っていたので(後で会社に請求してましたが)、何度行っても会計せずにさようならというのに感動してしまいます。
特に日本に帰ってきてから、お金のかかる検査をいくつかしたので、なんて素晴らしい制度なんだ~と感心してしまいました。

ほかにも今は薬を薬局でもらうようになったんですね。
5年前にもそういう病院はありましたが、今はすべてそう変わっていますね。
これも薬剤師さんが丁寧に薬の説明をしてくれ、変わったことがないかなど聞いてくださり、安心して薬が飲めるようになりましたね。
前は何も考えずにもらったものをよく分らずに飲んでいました。
よく考えると怖いですよね。

いい先生も見つかり、とりあえず満足している私です。
後は夜間救急病院について調べないと・・・。

by mineyom | 2006-05-30 11:18 | 育児