通園バッグ

ナツは今日も幼稚園へ行きました。
体力的なこともあってまだ午前保育で、11時30分に迎えに行くので、本当にあっという間に帰って来てしまいます。
しかしたくさんのお友達に囲まれ、思いっきり遊んでくるのでかなり疲れるのか、家でお昼を食べるとすぐに眠くなってしまいます。
まだお昼寝が必要なようで、特に幼稚園に行きだしてからお昼寝時間が長くなってしまいました。

ただそうなると必然的に夜寝るのが遅くなってしまい、朝起きるのがつらくなってしまいます。
昨日は先生に朝、「ねむいー、ねむいー」と訴えていたそうです。
今は、お昼寝時間をなるべく短くして、夜早く寝かせるのが課題です。
それでも昨日はいつもより早く寝てくれたので、今朝はすっきり起きていつもより元気でした。

幼稚園では門を入って、下駄箱の前で私とバイバイなのですが、特に泣くこともなく、少し不安そうな顔をしながらも先生に優しく迎えられて、何とか入っていきます。
私は心配で門の外からそっと様子を見ているのですが、のんびりマイペースで、下駄箱前のすのこに座っていつまでも靴を脱ごうとしない、先生に促されてやっと片方脱ぎ、またしばらくぼーっとしているという具合です。
私がそばに付いていたら、思わず手が出てしまいそうですが、先生は声かけだけで放っておいてくれます。
どうしてもわからないところは手伝ってくれますが、基本的には自分でやります。
私は「ナツがんばれー」と影で応援しながら、自分でテキパキ履き替えて部屋に入っていくのはいつかなぁなんて思ったりしています。

それでも、ナツを気に入って可愛がってくれるお姉ちゃんも現われ、外遊びの時には手を引いて遊びに連れて行ってくれたりしています。
ナツがハイタッチが好きなことに気付いて、付き合ってくれたりもします。
「ヒナちゃん、いつもありがとう~」と私は思わず拝んでしまいます(笑)。

そんなナツの幼稚園生活ですが、困っていることが一つ。
ナツが通園バッグを嫌がるのです。
ナツの幼稚園は制服はなしで、バッグも指定の物がなく、ただショルダータイプの通園バッグと決められているだけです。
ほかに絵本バッグと上靴入れを用意するだけで、しかも既製品でもいいため、幼稚園準備は大変楽でした。
ただせっかくの幼稚園入園なのに、買ったものばかりでは・・・と思い、絵本バッグと上靴入れとお弁当箱入れは手作りしました。
せめてもの母の愛情を込めてと、手縫いしました(最後にはちょっと間に合わなくなり、夫の実家に遊びに行ったときに、お義母さんにミシンかけを手伝ってもらったりなんてこともありましたが・・・)。

通園バッグも手作りできたらよかったのですが、マチをつけるのが難しいし、私の手には負えないとお店で買ってしまいました。
しかもすでに入園シーズンは終わっていて、店頭には売れ残りのようなものが少ししかありませんでした。
それでもピンクの物を買って何とか用意をしたのです。
しかし実際に通い始めてみると、ナツがバッグを嫌がり掛けてくれない!
バッグから自分で出席カードを出したり、ロッカーに締まったりしなくてならないので自分で持つようにして欲しいのですが、一向に慣れません。

確かに間に合わせで買ったものなので、あまりよいものとは言えません。
ナイロンでごわごわしているし、肩紐が硬くて太いのでしっくり来ないのだろうと思います。
お帰りの用意をしているときに、ハンカチくらいで何も入っていないカバンなのに、自分で持たせたら「おもいー、おもいー」と言って嫌がったそうです・・・。

ほかのものを探そうとデパートを回ったり、ネットで調べたりしたのですが、時期が外れてしまっているせいか、売り切れだったりして気に入るものが見つかりません。
柔らかい布製か、ソフト合皮のものがいいかなと思うのですが、なかなかないですね。
昔私が幼稚園に通っていたころ使っていた、いわゆる幼稚園バッグのようなものがいいと思ったのですが、今は流行らないのかしら。
ナツが気に入ったバッグをかけて、幼稚園まで歩いてくれるように、しばらくバッグ探しは続きそうです。

by mineyom | 2006-06-01 11:12 | 幼稚園