シンガポール料理とおもちゃ王国

先日お友達とシンガポール料理を食べてきました。
シンガポール料理は、日本人の口にも合うものが多く、広めれば人気になるんじゃないかと思うのですが、実際にはシンガポール料理専門店ってあまりありません(私が知っている範囲では都内に3軒)。
実際帰国してからシンガポール料理を食べるのは、今回が初めてでした。

今回行ったのは水道橋駅の近くにあるお店だったのですが、お昼時は近くのサラリーマンやOLさんでなかなかにぎわっていました。
こうして人気が高まって、あちこちにシンガポール料理のお店ができるといいなぁと思います。

メニューはチキンライスを始め、ラクサ、ロティプラタ、カレー、中華粥、バクテーなどがありました。
夜や週末はもっと種類が増えるそうです。
私達はチキンライス、ラクサ、牛肉のお粥、それから子どもにロティプラタ(カレーなし)を頼みました。
d0065459_1302356.jpg

チキンライスは器からしてシンガポールらしく、嬉しくなってしまいました。
ご飯は普通でしたが、チキンが美味しかったです。
ラクサは日本人好みなのか、あっさりめでした。もうちょっと濃厚でもよかったな~。
ナツの好きな麺類は辛いものしかなかったので、ナツは主にお粥を食べていました。
850円という値段はシンガポールと比べてしまうと、やはり高いなぁと思いますが、シンガポール気分が味わえてお腹いっぱいになり、私は満足でした。

食後は東京ドームシティの中にある「おもちゃ王国」に行きました。
ここはあまり期待していなかったのですが、入ってみたらすごかった!
プラレール、ブロック、木のおもちゃ、おままごとなど10個のブースがあり、それぞれが広々していて、おもちゃがこれでもか!というくらいたくさんあるのです。
夏休みで結構混んでいましたが、何時間あっても遊びきれないというくらいおもちゃがたくさんあるので、飽きることがないし、取り合いすることもないので、子ども達は本当に伸び伸びと楽しそうに遊んでいました。

入場料大人1000円、子ども700円(私達は割引券を使ったので200円引き)で3時間遊び放題なのですが、と~っても涼しくて快適だし、子どもが遊んでいるのを眺めながらママ同士はおしゃべりできちゃうし、子どもも親も幸せで、下手なところへ遊びに行くよりもよっぽどいいと思ってしまいました。
今日は何も予定がなーいとダラダラしちゃう日には、体力を持て余すお子さんを連れてここへ来ると、親子ともノーストレスでいいかもしれません。
d0065459_1304588.jpg

プラレールとブロックのブース。
男の子達が目を輝かせて夢中で取り組んでいました。
ナツもお友達のMちゃんと、ブロックでなにやら製作中。
d0065459_131219.jpg

こちらはシルバニアファミリーのブース。
ナツは今まで細かい遊びはあまりしなかったのですが、ミニチュアのおうちとお人形にかなり興味を持った様子。
これは親のほうが揃えたくなっちゃう魔力がありますねぇ。
d0065459_1311736.jpg
d0065459_1313058.jpg

木のおもちゃブースでもかなり遊んでいました。
ままごとや楽器、知育玩具など、良質なおもちゃも多かったです。
d0065459_1314676.jpg

3時間たって帰ろうというと、子ども達はひっくり返って暴れ、説得するのが大変でした。
まだまだ遊んでいないおもちゃがたくさんあって、気持ちが収まらないようでした。
でも永遠に終わりはこなそう。
子どもにとっては至福の場所なのかもね。
さすがおもちゃ王国。また行こうね。

by mineyom | 2006-08-04 23:40 | ナツの毎日