今月の絵本

今月の絵本が届きました。
「しろくまちゃんのホットケーキ」
d0065459_9373933.jpg

「ちいさなねこ」
d0065459_938038.jpg

の2冊です。

「しろくまちゃんのホットケーキ」は「こぐまちゃん」シリーズの1冊で、このシリーズは、病院の待合室などに置いてあったり、図書館で見たりしていたのでなじみがありました。
この本はしろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを焼いて、こぐまちゃんと一緒に食べるというお話です。
最後に2人が食べ終わったお皿を洗って片付けるところまで描いてあって感心しました。
ホットケーキが焼けるまでの様子が、細かく描かれていて楽しいです。

「ちいさなねこ」は、子猫が小さな冒険をするお話し。
写実的な絵の猫ちゃんが可愛く、懐かしい気持ちになる絵本です。
作者の石井桃子さんは何だかすごく見覚えのある名前だと思ったら、「うさこちゃん」シリーズや「くまのプーさん」なんかの訳者でした。
翻訳専門なのかと思ったら、ご自分でも絵本を書かれていたんですね。

実は今回の本、ナツに読み聞かせたところ、大人しく聞いてはいたものの反応はいまいち・・・。
まぁ、こういうときもありますよね。
本棚に入れておいたらそのうち気になって手に取るようになる日が来ると思います。


さて、昨日は大手町にある「ていぱーく」へ行ってきました。
正式名称は「逓信総合博物館」です。
ここの1階で「でこぼこフレンズ」のイベントをやっているということだったので、夫と3人で出かけました。
メインイベントはでこぼこフレンズのキャラクターショーで、ナツが喜ぶだろうなぁと2時の回を目指して行ったのですが、家を出るのが遅くなってしまい、会場に着いたのは1時過ぎ。
すでに先着順で配布するという整理券は、終了していました。
雨だったので、そんなに来てないんじゃと思ったのですが、甘かったですね。
子連れの家族がたくさんいて、とてもにぎわっていました。
先着200名はあっという間だったようです。

期待していたショーは残念ながら見れませんでしたが、1階ででこぼこフレンズの特別展示をやっていたのでそこで遊んできました。
空気で膨らんでゴムボールのようになったオオガーラに乗って遊べたり、ケンバーンの歯が鍵盤になっていて弾けたり、メロディーヌちゃんと一緒に楽器を演奏できたりと子どもが触って遊べるようになっており、ナツも楽しんでいました。

そしてここの2階、3階は常設展示で、電話や郵便の歴史を学べるようになっていたので、そちらも見学してきました。
実際に昔使っていた電話やポストなど、実物の資料がたくさん展示してあり、非常に興味深く、楽しんでみることができました。
懐かしの黒電話が使えるように置いてあったので、ナツとそれで電話ごっこもしちゃいました。
ダイヤルを回して戻ってくる感覚がなんとも言えずいいなぁと、何度も回して楽しんでしまいました。
身近なものの発達の歴史を見るのはとっても面白いですね。

最後にグッズ売り場で「でこぼこフレンズ」のDVDを買いました。
家に帰ってナツに「どれが一番好き?」と聞いてみると、迷わず「ふじおばば」を指差しました。なぜ・・・?
そして2番目にすきなのは「あなくま」だそうです。
好みは人それぞれだけどね、ちょっと渋すぎない?

by mineyom | 2006-08-21 23:36 | ナツの毎日