歯科検診

ナツは1歳6ヶ月から半年おきに、歯科検診を受けています。
歯が生えるのが早かったのと、長い間母乳を飲んでいたのが気になり、虫歯にならないようにと、歯に関しては気を配っていました。
しかし3歳過ぎ頃から飴の味を覚えて大好きになってしまったので、いつ虫歯が見つかるかと毎回ヒヤヒヤ。
最近は飴は長時間乗り物に乗るときだけと決めて、我慢も覚えさせるようにしていました。

今回の検診は、家の近所の始めて行く歯医者さん。
ナツは検診のたびに大泣きしていたので、今回も大騒ぎになるのではないかと心配していました。
予約時間に行くと、迎えてくれたのは優しそうな男の先生。
ナツと同じ年のお子さんがいらっしゃるそうで、子どもの扱いに慣れていました。
私が抱っこして座り、口の中を見せたのですが、先生は全く無理強いをしません。
子どもの頃に歯医者で怖い思いをすると、それがトラウマになって歯医者嫌いになり、実際治療が必要になったときに大変苦労をするそうで、この時期の子どもは歯医者は嫌なところではないと感じてもらうのが一番大事なんだとか。

先生は子どもが怖がるような器具はカルテを乗せて隠してしまい、指で優しく歯のチェックをしてくれました。
ナツも怖くないと思ったのか、ちゃんと自分で口を開けてくれ、先生や看護婦さんにたくさん褒めてもらって満足気でした。
虫歯はなし、歯並びも問題ないということでほっとしました。
フッ素もみかん味かぶどう味か好きなほうを選べさせてくれ、これまた綿を嫌がったナツをみて、指でさっさと塗ってくれました。
ナツは全く泣くことなく検診は終了しました。
私は泣かれるのを覚悟していたので、子どもの目線に立って診療してくださって嬉しかったです。

歯医者=怖い、痛いのイメージでしたが、最近は違うようです。
「ママポン」のお医者さん特集を読んでいても感じたのですが、今は嫌がったら様子を見る、じっくり話して納得して治療するなど、無理強いしない優しい病院が増えているようです。
治療技術が上がったせいもあるのかもしれませんが、大人でも歯医者はいやですもんね。
歯医者=怖くないの子どもを作るように努力してくれるなんて嬉しいですね。
これからは半年おきと言わず、3ヶ月おきに検診に行っちゃおうかなぁと思っています。

by mineyom | 2006-09-23 18:00 | ナツの毎日