保育参観

土曜日は、保育園の保育参観がありました。
一度夫にも保育園の様子をみて欲しいなぁと思っていたので、いい機会だと2人で揃って参加して来ました。
ナツは一日多く登園するのでちょっと疲れ気味でしたが、何とか最後まで頑張ってくれました。

9時に3人で揃って保育園に行くと、ナツのクラスは最初に外遊びの時間が組まれていました。
普段お仕事に行っているお父さんやお母さんが一緒に遊んでくれるので、みんなとっても嬉しそうでした。
園庭は人がいっぱいでとってもにぎやか。お父さんの参加も多かったです。

ナツはいつもと違う雰囲気にも全く動じず、いつも通り大好きな砂遊びをしたり、鉄棒にぶら下ったり、三輪車に乗ったりして遊んでいました。
ただやはりパパがいるのが嬉しかったようで、パパにいろんな遊びの催促をしながら1時間ほどたっぷりと遊んでいました。

外遊びが終わると部屋に入り、お父さんお母さんと一緒に折り紙をしました。
みんな上手に三角が折れるのですね~、びっくり。
ナツは上手く折ることが出来ないので、私が折って、折り目に指でアイロンをかけさせました。
バッタが2匹出来上がりました。

やはりいつもと違う雰囲気に緊張するのか、お母さんがいると甘えたくなっちゃうのか、席に着けずにお母さんのお膝で抱っこの子が何人かいました。
かくいうナツも、私から離れられず・・・。
夫は同じクラスの子達は、こんなに難しい会話ができるのか、こんな工作もできるのかと驚いたようです。
正直ちょっとブルーになってしまったとか。
その気持ちはよくわかるのですが、無理にほかの子と同じことをさせようと思ってもナツに負担がかかるだけなので、ナツのペースを見守ってあげるしかないなぁと思います。
周りの子達の刺激を受けているのは確実なので、少しずつ成長してくれたらと思います。

お部屋での作業のあとは、給食の時間だったのですが、親たちはその間園長先生の講演を聞くことになっていました。
園長先生のお話は、保育園の保育方針でもあるので、是非聞かせていただきたいと思っていました。
ナツはまだ保育園で私と離れたことがなかったのでちょっと心配でしたが、担任の先生にお願いして講演に行かせてもらいました。

園長先生のお話は、園長先生が子ども時代の親たちは、非常に忙しくやらねばならないことがたくさんあった。母親は井戸の水汲み、父親は薪わりから朝が始まり、その大変さをみて育った子ども達にとって、親というものはなくてはならないもの、親が世話してくれないと子どもの力では何もできないという意識が強くあった。そのため、親の言うことは絶対だった。
今は何事も便利になり、親がいなくても冷蔵庫を開ければ食べ物があり、コンビニに行けば何でも買えると、親の絶対的な力を見せるところが非常に少ない。そのため親が叱って言うことを聞かせるのが難しくなっているというお話でした。

園長先生のお話を面白く伺ったあと部屋に戻ると、ナツはみんなに混じって先生に絵本を読んでもらっていました。
お友達に囲まれて座り、真剣な顔で聞いていました。
先生に私たちがいなかった間のことを聞いてみると、しっかり給食は食べ、機嫌よく過ごしていたようです。
お隣の子の果物に手を出そうとして、周りの子に注意されたりなんてこともあったようですが・・・。

この日は先生方の年に一度の職員旅行ということで、ここで全員お帰りとなりました。
ナツは保育参観だからといって特に張り切ることもなく、いつも通りのなっちゃんで、マイペースに楽しんでいました。
私は同じクラスのお母さんとお話できたりして、とってもよかったです。

by mineyom | 2006-10-28 23:15 | 保育園