保育園での遊び

金曜日、保育園でフルーツバスケットをしました。
何種類かの果物のチームに別れて椅子とりをする、子どもの頃によくやったゲームです。
最近ナツのクラスでは、ルールのある遊びを少しずつ取り入れるようになってきました。
外遊びの時間は、今まではそれぞれが思い思いに好きなことをして遊ぶだけでしたが、最近は先生が誘って「かくれんぼ」や「はないちもんめ」をやっています。
もちろんやりたい子だけで、無理にやらせることはありません。
先生は一緒に遊びながらルールを丁寧に教え、最初はよく分らないで動いていた子ども達も、何度か繰り返すうち、ルールも飲み込めて来て面白くなってきたのか、喜んで参加しています。
まぁ、そこは3~4歳児クラス、「まぁだだよ」と言われているのに探し始めてしまったり、隠れるのに飽きてしまって途中で違う遊びを始めてしまったりと可愛いらしい場面もあるのですが。

いつもは砂遊びに熱中していて、ゲームには参加しないナツ。今回は室内でクラス全員でのゲームだったので、ナツも「フルーツバスケット」の輪に加わりました。
ナツは「ぶどう」チームです。
ナツはぶどうが好物なので、ぶどうの絵が描かれた札はかなり気に入った模様。
喜んで首に下げていました。

まずはじめに先生がルールを説明し、みんな何となく飲み込めたところでとりあえずやってみようとゲーム開始。
最初は自分のチームが呼ばれても座ったままの子も多かったのですが、繰り返すうちに素早く立ち上がれるようになっていました。
ナツも「ぶどうだよ」と声を掛けて背中をたたくと、立ち上がって動くことができました。
しかし空いている椅子に座るんだということがまだ飲み込めていないので、ウロウロするだけ。
私がここ空いているよと助け舟を出すとようやく座れました。
これじゃあ、ナツばっかり鬼になっちゃうよ~と思ったのですが、ナツのスローな動きでも、何故か毎回ちゃんと座れます。
ナツの座る椅子がちゃんと残されているのです。

どうしてかというと、輪の中央に立って「フルーツバスケット!」と言うのがよほど格好よく見えるらしく、最後の1人に残っていたいがために、みんな席を譲り合っているのです。
先生が何度も「早く座ったほうが格好いいんだよ」と説明しても、お友達を座らせようと押し合うばかり。
私が子どもの時は、目立つのがイヤだったので必死で空いている席を探したものですが、立っている方が良く見えるのねぇとびっくりしてしまいました。
それでも先生が根気よくルールを教えるうち、みんなスムーズに座るようになってきました。
最後まで、次は私が言うんだ!と座らずに粘っていた子もいましたけど(笑)。

ナツは途中からお隣の子が手をつないでくれ、呼ばれると一緒に移動してくれたので、ちゃんと椅子に座ることができました。
頼まなくても、いつの間にかナツの手を引っ張ってくれていて、ちゃんと仲間に入れてくれていました。
ナツは確かに1人ではまだ出来ないこともいろいろありますが、そこで私が間に入ったり、手を出したりしなくても、周りの子が自然に手を差し伸べて、輪の中に入れてくれています。
一緒に楽しむことができている姿を見れて、とても嬉しかったです。
ナツもとっても楽しそうでした。

正直に言って、保育園に入園するまで、保育園ってただ自由に遊ぶだけのところというイメージがありました。
規律だった行動をすることは少なく、しつけ面でも弱いのではないかと思っていました。
しかし実際入園してみたら、伸び伸びしていることは確かなのですが、押さえるところは押さえて、かなりしっかり指導していました。
先生の話はしっかり顔を見て聞く、お友達が話しているときはしゃべらない、自分の勝手な行動で、お友達がどう感じるのかなどなど、きちんと教えてくれています。

生活面でも、手洗いうがいの重要性とやり方、歯磨きの正しいやり方、食後の後片付けなど、日常生活する上で、とても役立つことを丁寧に教えて実践させてくれています。
ナツにもこれから生きていくうえで、身に付けて欲しいと思うことばかりで、お友達と一緒にやるのでナツも少しずつですが、取り組めて行っているので本当に保育園っていいなぁと思います。
このままあと2年ここで生活すれば、かなり生きる力がつくと思います。
お勉強も大切ですが、やはり生きていくうえで、それってとても大事なことですよね。
これからここで、存分に生きる力をつけて欲しいと思う毎日です。

by mineyom | 2006-11-24 13:24 | 保育園 | Comments(20)

Commented by たまちゃん at 2006-11-26 20:58 x
お久しぶりです。ナツちゃんが保育園へ転園されたのは、知っていました。いつも読み逃げで、すみません(^^;)
保育園って、生活面、規律面においては幼稚園よりシッカリしているかも知れないですよね。
生活面や身辺自立を重視したいのなら、幼稚園より保育園の方が良いとは、よく耳にします。子供から学ぶことって大きいですよね。きっと、ナツちゃんにとって、実りある保育園生活になるでしょうね☆今後が楽しみですね☆
Commented by mie at 2006-11-27 01:20 x
3,4歳児でルールのある遊び・・・うちの子はどうなんだろう~。やらせたことなかった。そういえば。
私自身保育園育ちですが、生活していくうえでの大切なこと、全て園で教わりました(笑)
親に教わった記憶全くナシ!歯の磨き方さえも!(笑)
母が「保育園がこんなにいいところだと思わなかった。上の二人も保育園入れときゃ良かった」って言ってました。
Commented by はせくみ at 2006-11-27 01:24 x
そっか~真ん中で「フルーツバスケット♪」っていうのがカッコいいのね。なんかほほえましいわ(笑)。
私も「保育園」のイメージがmineyomさんのブログを読んで、かわりました!よい園に出会えてよかったね。
これからもナツちゃんがたくさん楽しんで、いろいろなことを体験してくれるといいね。
Commented by AKI at 2006-11-27 09:37 x
フルーツバスケット懐かしいですねぇ♪確かに、「フルーツバスケット!」と言うのが格好いいと思った記憶が残ってます!
確かに、保育園の方が生活してる!って感じが多いですよね。よい先生やお友達に恵まれて、楽しい保育園生活を送れてますよね♪

↓のおばあちゃまとの写真も二人とも幸せイッパイでいいショットですね♪このケーキはもしかして。。。ヨコヤマですか?おばあちゃまも美味しく食べられるケーキですよね♪
Commented by b at 2006-11-27 12:10 x
この歳で「フルーツバスケット」やってるなんで、凄い凄い!!
保育園で教えてくれるってことは、無理じゃないってことなんですよね、きっと。
親が無理かなって思っていることでも、「ちょっと」頑張れば出来るってことを教えてもらえると嬉しいですね~。
親だと「すごく」頑張らなきゃ出来ないことを、無理無理やらせて怒ったりしちゃうから・・・(私だけ?)
その辺の見極めが出来るのは、やっぱり「プロ」の先生なんですね。
ナツちゃん、どんどん新しいことに挑戦して、楽しい保育園生活なんだろうな~。
Commented by りんちゃん at 2006-11-27 13:09 x
もうフルーツバスケットするんだね~。
私は小学校のお楽しみ会でよくやった記憶があるけど、3,4歳でもできるんだね!!ちょっとビックリ!

本当に色々なことに挑戦できて、ナツちゃん楽しんでステップアップできそうな環境だね。
親が教えると、つい熱が入りすぎて喧嘩になってしまったりするけど、先生とお友達と一緒に生活面のしつけをしてもらえるっていうのはいいなぁ~。すんなり身に付きそうだよね^^
Commented by yochi0724 at 2006-11-27 15:20
お友達が自然に手を差し伸べてくれて一緒に遊んでるってとってもいいですね。そいう姿をみると安心して保育園にいけますね。やっぱり友達同士のかかわりって大切なんだな~と思いました。
Commented by める at 2006-11-27 20:09 x
mineyomさん、こんばんはっ♪

ナツちゃんも幼稚園でいろんなことを学んでいるのですねっ!
幼稚園って、やっぱりいろんな遊び、
ルールをお友達や先生を通じて得ていくところですよねっ!
遊びが楽しくなってくると、
幼稚園ももっともっと楽しくなってくるでしょうねっ♪

いろんなお話し、また聞かせてくださいねっ!

PS優しいお言葉、たくさんありがとうございましたっ!
いつも元気をいただいていますっ☆
Commented by mineyom at 2006-11-28 19:48
たまちゃん
お忙しいのにコメントありがとうございます。
本当に生活面においては、幼稚園より保育園の方がしっかり指導していると思います。
実際そこで生活していて毎日やっていることなので、習得も早い気がします。
今のナツには生活面の自立が一番大事だと思ったので、保育園を選んでよかったなぁと思っています。
周りのお友達パワーに感謝です。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:01
mieさん
私も最初3.4歳児でルールのある遊びができるのと、驚いたのですが、結構しっかり先生の説明を聞いて、真剣に取り組んでいました。
一度やると楽しくなって、「先生またやろう~」というので、どんどんスムーズにできるようになっています。
mieさん保育園だったんですね。
お母様がこんなにいいところというくらい、やはり何でもきちんと教えてくれていたんですね。
知らずに覚えてきてくれるから、親は助かるなぁと思います。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:06
はせくみさん
最初なんで座らないのか分らなかったのだけど、理由が『フールバスケット』と言いたいからだと気付いて笑ってしまいました。
ちゃんと座っている子も「次は私言いたいなぁ」なんて言っていたので、かなり魅力的なようです。
本当に入園してみて、保育園の良さがよく分りました。
時にはちょっと厳しいかなと思うこともあるくらいなので。
でも絶対将来役に立つことばかりなので、ナツにもしっかり身に付けてもらいたいです。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:10
AKIさん
フルーツバスケット懐かしいですよね。
AKIさんも「フルーツバスケット」と言うのが格好いいと思っていたんですね!
確かに自分の一言で、クラス全員が動くんだから気持ちいいですよね。
ケーキはヨコヤマです!
家族みんなではまっていて、何かイベントがあるとケーキはいつもここです。
軽くて食べやすいから、誰でも気に入る味ですよね。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:23
bさん
フルーツバスケット、初めてでしたけど、何とか形になっていましたよ。
繰り返して遊べば、ちゃんとできるようになると思います。
そうですね~。私もできないところばかり目に付いてしまって、無理にさせたりしちゃいます。
でも無理にやらせても逆効果になるばかりなんですよね。
先生方は、子どもを乗せるのが上手いと思います。
子どももじゃあ頑張ってやってみようかなとなるので、上手く行ったりしますね。
やはりある程度の年になったら、親だけでなく、集団に入れて先生やお友達からの刺激を受けるのは大事だなぁと思います。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:44
りんちゃん
私もよく小学生のときお楽しみ会でやりました!
あとは「ハンカチおとし」とか。懐かしいですね。
3.4歳児でもちゃんとできるのには私も驚きでした。
みんなキャーキャ言って席を替わって楽しんでいましたよ。
本当にいろいろな経験をさせてもらってよかったなぁと思います。
やはり子どもも親がずっと付きっ切りになって覚えるより、お友達と一緒に楽しくやりながら覚える方がいいですよね。
集団の中でのお友達の力はやはりすごいと思います。
Commented by mineyom at 2006-11-28 20:58
yochiさん
本当にお友達はありがたいと思います。
ナツのことを気に入ってくれて、関わってくれる子が何人もいるんです。
自然に手を差し伸べられるという園の雰囲気も素晴らしいと思います。
子どもは集団に入れて子どもの中で育てるのがいいと言いますが、本当にそうだなぁと思います。
家庭で、親が教えられないたくさんのことを保育園で学んで来てると思います。
Commented by mineyom at 2006-11-28 21:01
めるさん
ナツは今保育園に通っているんですよ~。
とっても伸び伸びしていて、でも刺激はたくさん受けられるところだなぁと思います。
集団でのルールを家で教えるのは難しいですよね。
保育園ではお友達同士でぶつかり合いながら、自然に学んでいくんだなぁと思います。
ナツも徐々に余裕が出てきて、周りが見えるようになってきたので、これからどんどんいろんなことを吸収して欲しいと思います。
Commented by jipenjanneke at 2006-11-29 04:59 x
mineyomさん、やっと、9月からの分、ゆっくり読ませてもらいました。そして、ゆっくり読んでいったら、ナツちゃんの顔がどんどん成長していっていることにあらためて気が付きました。顔つきがしっかりしてきましたね。自分に自信がついてきた証拠なのでしょうね。

私自身、保育園と幼稚園、両方体験しているのに、あまりその違いがわかっていませんでした。生活していくことが大事というのは、本当ですね。以前、育児書を読んでいたときに、ひらがなが書けるのに、服が自分で着られないというような例え話がでていたことを思い出しました。

イギリスも早期集団教育を推進しているみたいです。家の中では学ぶことのできないことが学べるからと理由の一つに挙げられていました。私は以前、子供を小さいうちから預けることには抵抗があったのですが、喜んでプレスクールに行っている我が子を見ると、集団に入れることって、大切なんだなあと考えを改めずにはいられませんでした。くまは時々、日曜の夕方に学校に行って、校門が閉まっているのを見て、がっかりして帰ってきます。
Commented by marie at 2006-11-29 11:52 x
こんにちは!すっかりコメントが遅くなってしまいました。
保育園での集団生活というのは本当に子供にとっては
大切な要素が沢山つまった素敵な場所なんだということを
mineyomさんの記事を読んでいて本当に
(゜ー゜)(。_。)ウンウンとうなづきながら読ませていただきました!
3-4歳児にルールのある遊びってやればできるんですね♪
我が子はどうなんだろう???
Commented by mineyom at 2006-11-30 09:17
jipenjannekeさん
写真でもナツの成長が分るというお言葉、とっても嬉しいです。
毎日見てるとよく分らないですが、やはり顔つきもどんどんしっかりしているのでしょうか。
ひらがなが書けるのに、服が自分で着られないという話は、私もどこかで読んだことがあります。
どうしても成長の分りやすい文字や数字に注目してしまうのも分りますが、やはり実際役に立つのは、生活する力ですよね。
診てもらっている先生に、身辺自立がちゃんとできてると、言葉が出てきたときに、「洗う」「着がえる」「きたない」「きちんと」などの身の回りの言葉がきちんと出てきて、日常会話がスムーズに行くようになるそうです。
そこを疎かにしていると、言葉が出てきても名詞ばっかりだったりして深い会話につながらないのだとか。
イギリスでも早いうちに集団に入れるのが良いとされているのですね。
やはり同年代の集団には大きな力がありますよね。
くまくんはお休みの日にがっかりしちゃうほど学校が好きなんですね。とっても楽しめているんですね。
学校も適切でとてもよい関わり方をしてくれているのでしょうね。
これからが楽しみですね。
Commented by mineyom at 2006-11-30 09:22
marieさん
一緒に保育園に通ってみて改めて、集団生活の良さをひしひしと感じています。
ナツも最初は戸惑うことも多かったですが、徐々にお友達にも関わりだして、少しずつやり取りできるようになって来て驚いています。
こういうことは家で習得する何倍もの速さで獲得していっていると思います。
暖かく受け入れてくれた先生とお友達に感謝です。
ルールのある遊びも、飲み込めれば結構できるようになっていますよ。
みんな結構熱中して取り組んでいます。