クリスマスパーティー

金曜日はクリスマス尽くしの1日でした。
まず、朝から保育園のクリスマス会。
園児全員でホールに集まり、厳かな空気の中、会が始まりました。

先生の開会の言葉とともに、部屋が暗くなり、園長先生がキャンドルを持って現われました。
そして音楽とともに、年長組のお兄ちゃんお姉ちゃんが手にキャンドルを持って入場し、ホールの壁際にずらりと並びました。
子ども達は白い天使のような服装で、静かに佇んでいます。
そんな中園長先生から順に、子ども達へ灯りのリレーが始まりました。
キャンドルからキャンドルへ明かりが映されていき、徐々に部屋の中が柔らかい暖かな光に灯されていきます。
子ども達はじっと息を詰めて光に見入っており、時折ため息のような「きれい・・・」という声が聞こえました。

年長さんたちは、一切口を開かず、落ち着いた顔で灯火を移していき、それはとても厳かな雰囲気で、心が暖かく、安らぎました。
全部のキャンドルが灯ったとき、みんなの顔には微笑が浮かび、ホール全体が1つになった気がしました。
シンプルですが、心暖まる素敵な行事でした。
明かりの中、園長先生はキャンドルサービスについてお話しました。
「キャンドルサービス」というのはキャンドル(灯り)を、暗い中に灯して、皆さんに明るい空間を提供(サービス)するものだそうです。
年長さんたちがしっかりとキャンドルを持ち、非常に落ち着いて火のリレーをするのに驚いたのですが、この日までかなりの練習をしたそうです。
「年長さんたちは一生懸命練習して、皆さんに灯りを届けられるまでになりました」と園長先生はおっしゃっていました。

このクリスマス会は、年長さんの保護者だけ参加することができます。
今はまだとてもナツに火を持たせられないと思いますが、2年後、この行事にナツも参加できるようになるといいなぁと思いました。
立派に灯りをサービスするナツの姿を見たら、厳かな気持ちで、クリスマスの奇跡を見た気分になるかもしれません。
感動して泣いちゃうかも。

年長さんがキャンドルを持って退場したあと、会場は打って変わって明るくなり、先生たちの楽しい劇が始まりました。
歌あり、踊りありのにぎやかな劇で、ナツもじっくりに見入っていました。
劇の最後にはサンタクロースも登場し、みんなの歓声と共に、ナツも「さんたさ~ん!!」と叫んで、はしゃいでいました。
サンタさんはホールの舞台に立ち、子どもたち1人1人に大きな袋から出したプレゼントを手渡ししてくれます。
小さいクラスの子から配られるのですが、みんな浮き足立って、興奮が抑えられないようでした。

ナツも全く怖がることなく、すんなりプレゼントをもらえました。
年少さん以上の子ども達はサンタさんと一緒に記念写真を撮るということで、子どもが4人ずつサンタさんを囲んで嬉しそうな表情をカメラに残していました。
ナツもサンタさんに肩を抱かれて、いい記念写真になったと思います。
d0065459_16463545.jpg

会が終了して教室に戻っても子ども達はプレゼントを抱えてうかれっぱなしでした。
「園長先生のサンタさん」と言って、先生に「え~!あれは園長先生じゃないよー、サンタさんが保育園に来てくれたんだよ」とたしなめられているのが、微笑ましくて可愛かったです。
みんなはプレゼント何が入っているのかなぁと気になって仕方がないのに、ナツはその辺にプレゼントを放り出していました。
サンタさんは好きなようですが、サンタさんからのプレゼントにはまだあまり興味がないみたい・・・。
お友達に「これなっちゃんのだよ~」と拾われていました。
しかし12月に入ってから、保育園でクリスマスの本を読んでもらったり、先生がクリスマスのお話をしてくれたり、お友達が「いい子じゃないとサンタさんこないんだよー」と言うのを聞いたりしていたので、なんとなくクリスマスの意味が少しずつわかってきたような気がします。
来年にはサンタさんに「○○もらうんだ~」なんて言い出すのかなぁと楽しみにしています。

この日のランチはクリスマスらしく、いつもより豪華で、ちゃんとチキンもついていました。
子ども達は大喜びでたくさんおかわりしていました。
いつもはお昼を食べて終了なのですが、今日はクリスマスの日ということで、おやつもケーキが出るので、よかったらケーキも食べてくださいねと先生が誘ってくださいました。
ケーキ大好きなナツが喜ぶだろうと思い参加させてもらいました。

家で昼寝をしておやつの時間に戻ってくると、みんな起きたてで寝ぼけ顔。
しかし先生がケーキの準備を始めると、眠気もすっ飛んだようで、俄然張り切りだし、ワイワイと賑やかになりました。
ケーキはスポンジに先生がクリームを塗り、いちごとキウイを飾り付けていきます。
子ども達は「おいしそう~」とそれをじっと見ています。
ナツは待ちきれず、早く食べたい~!と大騒ぎでした。

私も1切れいただきましたが、心がこもっていて暖かい優しいケーキでした。
ナツはよほど嬉しかったのか、すごい勢いであっという間に食べてしまいました。
おやつのあと、クリスマスの絵本を読んでもらい、「あわてんぼうのサンタクロース」を歌って、保育園のクリスマスの1日は終わりました。

保育園をあとにし、続いて次の会場に向かいました。
実はこの日は、夜は「ママポン」のクリスマスパーティーがあったのです。
普段お仕事のお付き合いですが、イベント時は仕事を忘れてみんなで楽しく盛り上がります。
今回は編集部のあるマンションのファンクションルームに集まりました。
幹事の方が用意してくれたものや、持ち寄りのお料理で、テーブルいっぱいの豪華なお食事。
ナツはわぁと歓声を上げ、食べる気満々。
d0065459_16465646.jpg

私は普段メールだけのお付き合いだった方とお会いできて、おしゃべりしたりと楽しかったです。
とっても広い会場だったので、子ども達も思い思いに駆け回ったりして、大喜びでした。
d0065459_16472649.jpg

プレゼント交換もしたのですが、幼稚園以下のお子さんが多いので、あまりルールがよく分らず・・・。
自分の持っているものは自分のプレゼント!と決して離さない子もいました。
ナツが当たったのはキティちゃんのお医者さんごっこのおもちゃ。
ナツはとっても満足げでした。
d0065459_16474090.jpg

会が盛り上がり、片付けもしていたので、帰りは遅くなってしまいましたが、とっても楽しい1日が過ごせました。
ナツも大興奮で夜遅くまでおおはしゃぎで、ナツもクリスマスを満喫したようです。

by mineyom | 2006-12-24 16:47 | 保育園