大きくなったよ

子どもは身体の成長過程において、縦に成長する時期と横に成長する時期とを繰り返すといいますが、ナツは小さい頃から横の成長ばかりが目立つポッチャリちゃんでした。
基本的に動くことがあまり好きでなく、じっと座って遊ぶことが多いナツ。
片時もじっとしていない、元気に動き回るお友達を見て、ナツは絶対的に消費カロリーが少ないのよね~と思っていました。

そんなナツでしたが、この1年でだいぶ大きくなりました。
3月に年中の1年間の成長記録をもらったのですが、身長は4月に100センチでスタートしたのが106.5センチに。
そしてなんと体重は、18キロでスタートして一度20キロまでいったのですが、その後減りはじめ、1年後の3月にはまた18キロへと戻っていました。
背がぐんと伸びて体重はそのままなので、かなりスリムになりました。
縦に伸びる時期と、保育園でよく動くようになった時期が重なったのだと思いますが、ぽっこり出ていたお腹もへこんできて、赤ちゃん体型ではなくなったなぁと感慨もひとしおです。

ぷにぷにで柔らかかったホッペも、最近は肉が締まってきたようで固くなり、寂しい限りです。
マシュマロみたいなホッペに触るのが大好きだったのに。
成長が嬉しい反面、とうとう赤ちゃん卒業のようで何だか寂しい母です。

下の写真は3月に行われた発表会の一場面です。
「おおかみと7匹の子ヤギ」で、ナツは何でも屋さん、おおかみに「きれいな声になる薬」を渡す役でした。
d0065459_13394152.jpg

去年は先生の手助けが必要なナツでしたが、今年は先生の介入は全くなし。
お友達に誘導されながら舞台袖から登場したり、お友達の合図とともに薬を渡したりしていました。
セリフもあったんですよ。「はいどうぞ」だけですが。
何よりも、ナツが本当に楽しそうに参加していたのが良かったです。
皆の中にナツも入って、1つの劇を完成させていたのがとても嬉しかったです。

by mineyom | 2008-05-21 13:40 | 保育園