一緒にパン作り

昨日ナツと一緒にパン作りをしました。
使ったのは千趣会の「焼きたてパン曜日」。月1回レシピと材料が届きます。
パンを作るのに材料をそろえたり、計量したりがめんどうだなぁと思うのですが、これは計量済みの材料がセットされているので、思い立ったときにすぐ、気軽に取り組めるのがいいです。
毎月「今月は何パンかなぁ」とワクワク待つのも楽しいです。
今回は「木の葉フランス」でした。
ほうれん草入りの葉っぱの形のパンです。

このレシピでは、材料は全てビニール袋に入れて、生地を袋の中でこねます。
お手軽ということなのかもしれませんが、最初は逆にこねにくいなぁと思っていました。
しかしナツにはこれが大正解!
今まで普通にこねていると、手にくっ付いてしまって上手く行かなかったり、手触りが気持ちいいからか、どうしてもちぎって遊んでしまったりしたのですが、これだとこねやすく、しかもこねるのに集中できるせいか熱心に取り組んでくれました。
ナツだと優しく揉んでいるだけなので、私が時々手を出すと、「ギュウギュウする~!」と何度も要求し、かなり長い時間頑張っていました。
d0065459_12152033.jpg

たたきつけるのもお手のもの。
d0065459_12104156.jpg

d0065459_12105921.jpg

ただこれは袋の中でこねればいいので、たたきつける必要はないのですが・・・。
前に作った時のことを、ちゃんと覚えていたのね。
d0065459_12111629.jpg

続いて成形。
綿棒で葉っぱの形に伸ばします。
ナツの服が違うのは、一次発酵の間にお風呂に入ったからです。
d0065459_12113868.jpg

出来上がり♪
あんまり木の葉っぽくないですが・・・。
でもやっぱり焼きたては美味しいですね~。

ナツは2次発酵と焼きあげ時間の間に、すっかりパンの存在を忘れ去っていた模様・・・・。
パンは製作過程で次々形を変えるので、こんなに膨らんだ!とかこんな色になった!とか変化を楽しみ、出来上がりまでワクワク待てると面白いのになぁと思うのですが、ナツはまだその場その場の工程を楽しんでいる感じです。

でも以前作っていた頃に比べると、積極的にやりたがるようになり、楽しめるようになってきました。
以前は、娘とお料理♪に憧れる母がどんなに誘っても、2、3回ちょんちょんと触るだけで、すぐにぷいっとどこかへ行ってしまっていましたから。
毎月繰り返すうち、パンはこうして出来上がるんだ~と自然に感じてくれるといいと思います。

来月は何パンかな~。楽しみです。

by mineyom | 2008-05-23 12:13 | ナツの毎日