6歳臼歯

今日は歯医者さんへ、定期検診に行ってきました。
いつも行っている歯医者さんが、4カ月おきに「検診のお知らせの葉書」をくれるので、それに合わせて通っています。
こちらの歯医者さんでは、毎回決まった歯科衛生士さんが付いてくれ、1時間ほどじっくり時間を掛けて、歯のチェック、歯のクリーニング、歯磨きの指導などをしてくれます。
子どもにもとても慣れていて、無理強いすることなく、その子のペースに合わせて進めてくれます。
若くて優しいお姉さんなので、ナツも懐いて楽しく診てもらっています。

今回は虫歯が発見されてしまいました。
小さい虫歯だったので、少し削って詰めてもらいました。
ナツは痛がって暴れたり、逃げようとしたりということはないのですが、音に敏感なため、治療器具の音にすくんでしまって、なかなか大きい口を開けてくれません。
「口を開けて」と言うと一応努力はするのですが、「あーん」と声に出して言うばかりで、わずかしか開きません。
「あーんって言うんじゃなくて、開けるの~」と、母は見本になるよう、周りをはばからず大口を開けながら叫んでいました。

ナツは1歳半から、定期的に歯医者に通っていますが、小さい頃は嫌がっていたものの、抵抗する術を知らなかったので、泣きながらでもスムーズにできたのですが、最近はいろいろ分ってきたので、ちょっと口に入れようとするだけで怖がってしまい、大分てこずるようになってきてしまいました。

歯の成長は順調で、下の歯が2本抜けて、永久歯が顔を出してきています。
そして6歳臼歯も、4本、半分以上生えてきました。
今回、6歳臼歯について指導を受けたのですが、6歳臼歯は乳歯に比べて溝が複雑な形をしている上深いので、非常に虫歯になりやすいそうです。
位置も一番奥で磨き難いので、顔を出し始めた頃から気を付けて磨いて行かないと、生え揃ったころには虫歯になっていると言われました。
え~、責任重大と思っていると、シーラントという、歯の溝に樹脂を詰めて虫歯を予防をする方法があると教えてもらいました。
虫歯になった歯にはできないので、生えてすぐにやるといいということです。
是非やってください!とその場でお願いして、そのつもりだったのですが・・・。

シーラントは唾液が入るとだめなので、口をずっと開けていられないとできないそうです。「今のなっちゃんのあけ方では難しい」と言われてしまいました・・・、残念。
早めにやっておきたいんだけどなぁ。
次の検診は4ヵ月後。それまでに口を開けていられるようになるといいのですが、ちょっと厳しいかな。
言われていることは分るのですが、嫌だという気持ちが先にたってしまうと、我慢するのが難しいんですよね。
とりあえずは口を開ける練習をしつつ、歯磨きがんばります。

by mineyom | 2008-05-28 19:22 | 育児