特別支援学級 見学その1

さて、私がいろいろ小学校を見て回ることになった理由はこちらを見ていただくことにして、先週第一弾、隣県の小学校に見学に行ってきました。

この小学校は、私の生まれ育ったところのすぐそば。とてもなじみのある場所です。
そして結婚してすぐのときに住んだ、夫婦の思い出の場所でもあります。
やはりこれから障害のある子を育ててと思ったときに、馴染みのある場所は安心感があります。
実家もある、昔からの知り合いもいる、土地勘もある。
帰りたいなぁと思わず里心が付いてしまいました。
ここは、それほど都会でもなく、だけどとても便利で住みやすいところで、夫と私のお気に入りの街でもあります。

今回の学校見学は、市の教育委員会に電話で問い合わせて、学校側に了承を取ってもらったのですが、当日は教育委員会の特別支援担当の方が2名も付き添って下さり、びっくりしてしまいました。
ご本人が「うちは小さい市で予算も少ないんですが、特別支援教育には力を入れているんですよ」という通り、まだはっきりここで就学するか決まってもいないただの見学者を、校長室に通して挨拶してくれたりして、その言葉はウソじゃないなぁと感じました。

特別支援学級には10名の生徒がおり、担任の先生が2名、補助員の方が1名いました。
1、2、3年にそれぞれ女の子が1人ずついて、低学年に女の子が多かったのも嬉しかったです。
教室に入ったときには、国語の時間で、それぞれが自分に合った課題に取り組み、それを先生が周って見ている感じでした。
ほとんどの子が作文のようなものを書いていて、かなり軽度の子が多いなという印象でした。

そして何よりも驚いたのが、普通学級への交流が多いこと!
音楽や体育、図工など、毎時間必ず何名かが普通学級に交流に行っていました。
交流学級には先生が付かず1人で行くので、軽度の子だからこそかもしれませんが、伝統的に交流はとても多い学校だそうです。
業間休みには、全校生徒が校庭に出て体操するのですが、そのときにも、みんな普通学級に混じっていました。

実は今住んでいる区の特別支援学級は、伝統的にとても閉鎖的なんだという話を聞いたばかりだったんです。
確かに昨年見学に行ったとき、教室が図書室や家庭科室などがある、別棟にポツンと1つだけあって、これでは同じ学校にいても、ほとんど交流がなさそうだなぁと思っていたのです。
今は特別支援教育が始まり、行事などは一緒にやるそうですが、以前は行事も別という学校も多かったそうです。
そしてその名残なのか、今も普段の授業の交流はあまりないそうです。
普通小学校に入れるのは、保育園のように周りの子ども達からの刺激が少しでも受けられれば、と思うところもあったので、これならあまり意味ないなぁと思ってしまいました。
特別支援学校(以前の養護学校です)の方が設備も先生の数も整っているし、しっかり見てもらえる分いいのかなと思いました。

この学校は、保健室と2年生の教室に挟まれた、学校の中心に学級があり、かなり理想的でした。
1人の先生はベテランで、それぞれの子の特性をよく理解して対応しているのもとてもよかったです。
この先生に見てもらいたいなぁと思いました。

しかし、授業を参観するうち、だんだん不安になってきました。
果たしてここでナツは着いていけるだろうか。。。
正直なところ、ナツの障害がもう少し軽度だったら、絶対ここに入れるのに!と思ってしまいました。
理想的な場所がうちの子に最適かというと、そうとは言えないんですよね・・・。
もどかしい思いがしますが、それがナツ。
どんなに良い場所だって、ナツしんどくなるようでは意味がない。

ただ刺激は多いと思います。
少しレベルの高いところに入れて、伸びるのを願うか、のんびりとした環境に入れて穏やかに過ごすか、どちらがいいのか、難しいです。。。
もちろんレベルが高いといっても特学なので、その子に合わせた指導をしてくれるのですが。
ただその学級に1人、他の子よりも少しのんびりな子がいたのですが、その子が少し取り残されているような感じがしたのが気になって・・・。

入学まであと1年弱あるので、それまでにもう少し伸びてくれたら・・・と思うのですが、私がお尻をたたいてどうにかなるものではないし、親の希望を押し付けたらいけないよね。
基本はナツが楽しく通えるところ。
でも、ああもう少し軽度だったらと、言っても仕方のないことを思ってしまう私がいるのです。

学校見学、1校目ですでにやや疲れています・・・。
行く前はいろんな学校を見れるの楽しみだなぁとさえ思っていたのですが、実際に見ると、ナツにはこの学校はああだな、こうだなといろいろ考え込んでしまうので、精神的に結構しんどいですね。

学校が決まるまで、まだまだ先は長い。
とりあえず息切れしないようにがんばりたいと思います。

by mineyom | 2008-06-03 01:59 | 就学(小学校)