特別支援学級 見学その4

水曜日に区内の小学校の特別支援学級を見てきました。
こちらの学級は、生徒8人という少人数の学級です。
区内の特別支援学級は20名前後のところが多く、中には30名以上の学校もあるのですが、私は少人数のこじんまりした学級が希望のため、かなり期待して見に行ってきました。

この学校の特学は別棟にあり、以前は工作室かなんかの特別教室に使われていたのかな、というようなだだっ広い部屋。
広いこと自体はいいのですが、背の低いロッカーがたくさん並んでいたり、パーテーションで区切って、生活の授業で使う備品がこまごまと置いてあったりとかなり雑然とした印象。

先生2名、介助員さん2名と先生の数も多く、何より先生方が仲良く、意志の疎通が非常に上手く行っているようで、とてもまとまりのある良い雰囲気でした。
見学者のために、指導計画や日程表など、学級の詳細を載せた冊子も用意されており、それも好印象。
他の学校では時間割はもらえましたが、特学独自で作った冊子は見なかったので、学級の先生達が一生懸命取り組んでくださっているのだろうと感じました。

学校公開は5日間に渡ってあるのですが、この日は午前中に「子ども祭り」が行われており、通常の授業が見れなかったのが残念でした。
ただ、子ども祭りが終わった後、後片付けと学活を見たのですが、教室を出て行ってしまったりするお子さんが何人かいて、少し落ち着かない感じはしました。

あちこち見学には行っていますが、ここだ!というところにはなかなか巡り合えません。
どこも悪いというわけではなく、是非ここに入れたいという決め手がないというか・・・。
やはりクラスを見ながら、ナツが楽しく過ごしている姿を想像できないといけないと思うのです。
もう少し頑張ろうと思います。

by mineyom | 2008-06-21 17:24 | 就学