特別支援学級 見学その5

木曜日は、ナツの通う保育園の徒歩圏にある小学校へ。
こちらの学校へはナツの保育園から上がる子も何人かいます。
上のお姉ちゃんを通わせているお友達がいるので、時々噂は聞いていました。
その方によると、特別支援学級の体育は軍隊のようだと・・・。
学校の用事で出向いたときに時々見かけるが、主任のベテランの先生が厳しく、「そこ曲がってる!」「モタモタするな!」と大きな声で怒鳴っていて、ものすごく怖いのだそうです。・・・・軍隊?!

そんな話を聞いていたので、ちょっとドキドキしながら出かけてきました。
学校に着くと、生徒16名を3~5人のグループに分け、今日の日程を記入したり、カレンダーに数字を書き込んだり、紙を折って綴じ、しおりを作ったりなどいろんな作業をしていました。
先生と介助員さん、合わせて6名おり、熱心に指導されていました。
しかしその指導がものすごく細かい!

紙を半分に折るのが少しでもずれていると、何回も「ここ曲がってる!やり直し!」
作業が終わるといちいち先生に「これでいいですか」と聞かなければならず、しかも「これでいい?」なんて言おうものなら「先生、これでいいですか!」と先生が強い口調で言い、何度も言い直し。

1年生の子が「先生次なにやるの?」と聞いたときには、私はそんなこと自分から聞けるなんてすご~い!と思ったのですが、先生はにこりともしないで「先生、次は何するんですか!」。
1年生の子がその通りに言い直すと、更に「教えてください!」。生徒さんもそのまま素直に復唱していました。

こ、ここまでしなくちゃいけないの~。
1人や2人だけでなく、全員に対してそうなので、教室には先生の強い口調と生徒さんの懸命な声ばかりで、息が詰まりそうでした。
聞いているだけで、何だかぐったり疲れてしまいました。

主任の厳しいという先生はすぐに分りました。
年配の女性で、ひときわ声が大きいので。確かに怖~い。
しかし見学者には、明るく声を掛け、こんな活動をしているんですよじっくり見て行って下さいねと言ったり、子ども達にも、よく出来たねなど褒めている場面もあって全く愛情がないというわけでもなさそうだったので、要するにこれがこの先生のやり方なんだなと思いました。
しかし、このやり方が正しいと信念を持ってやっている感じだったので、これは余計に厄介だなぁと思いました。
周りの先生もその先生の影響か、違うやり方は許されないのか分りませんが、子ども達には皆同じ対応で、逃げ道がなさそうだったので。

ナツと同じクラスの男の子のお母さんが、上のお子さんをこの学級に入れていたので、見学のあと、いろいろ話を聞いたのですが、このクラス、実は結構人気があるそうです。
一見子ども達は落ち着いていて、一生懸命課題に取り組んでいるので、少しくらい厳しい方がうちの子にはいいわと入学してくるそう。
しかし学校公開時は、多少いい顔をみせているので、実際の授業はもっと厳しいとか・・・。
このお母さんは、このベテラン先生が定年までのあと2年、この学級にいるというのを聞いて、今年から養護学校に転校させたそうです。
確かに先生の接し方って、かなり重要な問題ですよね。

確かに優しいだけでなく、時には厳しくしっかりやらせる場面も大切だと思うのです。
しかしずっと厳しいばかりじゃ、子どもに影響が出そうですよね。
ナツがこのクラスに入ったら、萎縮してしまいそうと思いました。
いい直しさせるのも、何を言わせようとしているのか先生の意図が分らず、それでも許されずに、うぎゃー!っと爆発するのが目に見えるようです。

今までこんな雰囲気の学級はなかったので、先生の考え方1つで、こんなにも違うんだなぁと驚きました。
そして、見学その2で見た学校は、ナツのクラスの先輩ママに聞いたところ、今年主任をしていた先生が他の学校に移ってしまい、まとまらなくて大変なんだと、お母さん達が言っていたそうです。
確かに見学に行ったときに、先生達もバラバラで、クラス全体がまとまりのない感じがしたのです。

特学は、先生が短い周期で変わるそうで、それはかなりのリスクだなぁと思いました。
先生の違いで、学級の雰囲気がこんなに違うんだと驚きさえ覚えました。
これは、親も子どもの環境を守るため、学校任せにせず、努力していかなければならないんだなぁと思いました。
それは、普通学級でも言えることでしょうけどね。

ナツのクラスの先輩ママには、今後の就学相談の流れも教えてもらいました。
身近に、先輩ママがいるのは本当に心強いです。めぐり合いに感謝です。
話を聞いていると、障害児ママは、皆いろんな思いをしながら頑張っているよなぁ。私も頑張らなきゃと力がわいてきます。

就学相談は、7月から申し込み受付だけど、7月に入ってから連絡をすると、すでに予約がいっぱいで、かなり後のほうに回されるそうです。
いつまでも、悶々と悩んでいるよりも、早く話を進めたいと思っているので、早速月曜日に電話することにしました。
そして東京都は、親の意向が通りやすいと聞いていたのですが、やはり判定と違う道を選ぼうと思うと、結構もめるとか・・。
何はともあれ、就学相談を始めてみないと、結論は出せませんね。

by mineyom | 2008-06-22 13:03 | 就学 | Comments(11)

Commented by みかん at 2008-06-22 15:29 x
mineyomさん、こんにちは!

今日は、凄い雨降りですね。

既に、いくつか見てこられた学校より、管理教育的な気がしますね、今回の学校。

怒鳴ったり、大声をあげても、その時は良いかも知れないけれど、子どものためには、却って良くないんじゃないかと思うけれどねぇ。

子ども達が、先生の顔色をうかがうように、次の指示仰ぐなんて、体育指導じゃないよ。(><+

厳しさと優しさとのメリハリをつけないと駄目じゃないかなあ。

厳しい→落ち着かざる得ない→何かすると怖い。に子ども達の中に、そういう法則があるような気がする。

・・というのが私の印象かな、この学校。
Commented by うさこママ at 2008-06-22 15:33 x
忙しい合間を縫ってたくさんの学校見学お疲れさまです!
たしかに支援学級の場合、先生で雰囲気はガラリと変わりますね。
なので親がぶれない方針を持っていないと、振り回されてしまうことも。
うちも、言葉がでないことが原因で養護学校判定でしたが、
支援学級で何をしたいかどの面を伸ばしたいか、また身辺自立など
できる面の写真や作品をつけて書面にして提出しました。
判定員の方も「一回目の相談時からご両親の考え方には筋があったので
判定はあくまでも目安です。」と特にもめたりはしませんでしたよ。
これからナツちゃんが体験もしてくるともっと明確になるかもしれませんね。

Commented by みゆきちゃん at 2008-06-22 18:44 x
いろいろ情報をもらいながら、決めてね
Commented by mineyom at 2008-06-23 23:39
みかんさん
学級によって、全然雰囲気が違うから、いろいろ見たほうがいいよ~とは聞いていたのですが、本当に全く違う教育方法を取っていてびっくりです。
先生が、私のやり方だと、ほらこんなに言うこと聞くでしょ~と言っているようで、嫌な気持ちになりました。
従わせたって仕方ないよね。自らこうしようと思ってやるのでなければ。
Commented by mineyom at 2008-06-23 23:44
うさこママさん
ただ就学相談を受けるだけでなく、親もきちんと気持ちを固めて、働きかけていかないといけないのですね。
本番に弱い子なので、1回の判断で決められてしまうのかな、と思っていたのですが、こういうことが出来ると訴えていくことも大切ですね。とても参考になりました。
親がぶれない方針を持つことも大事ですね。
ナツにとって何が一番必要なのか、もう一度見つめなおしたいと思います。
Commented by mineyom at 2008-06-23 23:47
みゆきちゃん
明日、区の学務課に出向いて、面談してきます。
出来るだけいろんなところに足を運び、相談を進めて行きたいと思っています。
後悔しないように、出来ることはやりたいと思います。
Commented by ありりん at 2008-06-24 23:20 x
恐ろしいがっこうやな〜とても娘はそんなとこ入学させないし、学校行かない!と絶対はじまるわ!娘の学校の先生は優秀かつ優しさ満点!学校に行くよ!と私が急かされています。
Commented by mineyom at 2008-06-25 11:43
ありりんさん
ねー、すごいでしょ。
この学校の厳しさは伝統的なものらしいです。区の相談係の方もあそこは昔から厳しいからというようなことを言っていたので。
うちの娘も合わなそうなので、ここはないかなぁと思いました。
あーちゃん、学校が楽しいんだね。
先生って本当に重要だよね。ナツもいい先生にめぐり合えますように。
あーちゃんが楽しく通っているようで何よりです(^^)
Commented by ありりん at 2008-06-27 23:54 x
是非!あーちゃんのh学校においでーな!楽しく毎日それなりにいろいろあるからまったりしている暇はないけどまったりノンびり好きの娘が土日でさえ行きたがる学校よ!休みだよ!と言うと
怒りだす休みじゃない!と、なっちゃんもいい先生に当たれば
あーちゃんみたいに幸せな学校生活が送れるよ!話通しておくね
くる日は事前に連絡を下さいね。

Commented by mineyom at 2008-06-29 23:25
ありりんさん
コメント遅くなってごめんね。
あーちゃん、毎日楽しく通っていていいなぁ。
ナツもそんな良い学校、良い先生にめぐり合えるといいな。
先生はかなり重要だよね。
あーちゃんの学校、気になります。
是非見学に行かせてもらうね。
どうぞよろしくね。
Commented by FMport790 at 2016-09-21 22:58 x
私が去年体験に行った特別支援学校(高等部)の先生(30代の女性)もそれに近いような感じでした。あと学校そのものの雰囲気も。