1人歩きはいつ?

我が家が住むマンションは、雑然とした商店街の中ほどにあります。
車はたまに通る程度ですが、人が多く、自転車も頻繁に行き来しています。
ナツはまだ、周りを見ながら歩くことが出来ず、気になった方へあっちフラフラ、こっちフラフラしてしまうので、マンションから一歩外に出ると、私はしっかりナツの手を握って歩いています。

しかし夫と小学校の通学の話になり、このままでは危なすぎるよね~と二人で不安になりました。
低学年のうちは、私が送り迎えすることになると思いますが、少しずつ1人で通えるようになっていって欲しい。
それには訓練が必要だなぁ。

昨日の夕方、商店街を歩いて3分くらいのところにあるクリーニング屋さんへ行った帰り、ナツの手を離して歩いてみることにしました。
練習というよりは、実際1人でどれくらい歩けるのかなぁと様子を見たくなったので。
ナツの真後ろにくっ付いて、いつでも手を出せる状態で歩きました。
しかし10歩もいったところで、怖くなりました。
夕方で自転車が多くなっていることもあり、きちんと真っ直ぐに歩かないと、必ず何かにぶつかってしまう状態なのです。

しかしナツは基本的に前を見ていない上、なぜか斜め方向に向って歩くので、私は絶えず「前見て!」「自転車来るよ!」「真っ直ぐ歩いて!」と叫んでいる状態になってしまいました。
さすがのナツもこれでは危ないと思ったのか、多少周りに目を配るようになりましたが、周りのスピードが速すぎて、気がついたときにはぶつかる寸前、体の動きも遅いので、避けることもできないという状態のようです。

クリーニング屋さんを出たときは、勇ましく悠々と歩いていたナツでしたが、半分を過ぎたくらいで身の危険を感じたのか、私を振り返ると「ママ、手つなご」と自分から手を差し出しました。
やはりまだ早すぎたか。
その情けない顔が可愛くて、笑ってしまいました。

私達は周りに気を配りながら歩くということを自然にしていますが、ナツにはなかなか難しいようです。
しかし私と手をつないでいたら安心しきってしまって、周りに気を配ることもしないので、少しずつ注意を促して行こうと思います。

1人で勇ましく小学校へ向う姿を目標に、少しずつ手を離して行こうね。

by mineyom | 2008-06-27 10:44 | ナツの毎日