北海道旅行 富良野編

8月に出張続きで夏休みがとれなかった夫。
9月にようやく取れたので、連休を利用して少し遅めの夏休み旅行に行ってきました。
3泊4日で北海道です。

この旅行で感じたのは「本当に楽になったな~」でした。
毎年家族旅行には行っていますが、今年は格段に楽になってました。
毎回ナツに合わせてゆったり予定を組むのですが、それでも疲れてしまったり、嫌がってしまったりして予定の半分もこなせれば良いほうという感じでした。
それが今年は予定通りスイスイ物事が運ぶのです。
サクサク進みすぎて、「ちょっと早いけど、もうホテルに帰ろうか」なんて会話が出るほど。
ナツにかなり体力が付いてよく歩くようになったこと、いろんなことに興味がでて、何事にも楽しんで取り組めるようになったことが大きかったと思います。

1日目は夕方空港に着き、夕飯後すぐにホテルに入りました。
そして2日目、朝から富良野観光。ここでいろんな体験が出来ました。

まずはホテルで朝食を取った後、近くの牧場へ。
たくさんの馬を見て、「うま、のる~!」と大興奮。
やる気満々で馬に近づいていくので、1人でも大丈夫かもねーと話していたら、いざ目の前に行ってみると見上げる高さなのに驚いたのか腰が引けているので、結局私と一緒に乗りました。
d0065459_2573253.jpg

今までやったことのある曳き馬は、整備された馬場を1周するだけでしたが、さすが北海道、林の中の自然いっぱいのコースでした。
道もでこぼこなので、馬の振動が直に伝わってきて、なかなかの迫力。
ナツも歓声を上げて喜んでいました。
到着後、「もういっかい、のるー!」と動かなくなったナツに苦労したほどでしたが、楽しんでくれたのが本当に嬉しかったです。

次に「富田ファーム」へ。
本来富良野といえば一面のラベンダー畑が見もののわけですが、すでにラベンダーの季節は終わり。
果たして何が見れるのか・・・と心配していたのですが、ちゃんと花畑が見れました。
広いファームをぐるっと1周したのですが、ナツはよく歩きました。
空気もきれいで気持ちいいのか、先頭をどんどん歩いていくナツを追いかける形になりました。
d0065459_2575127.jpg

続いては「富良野チーズ工房」へ。
こちらでピザの昼食をとり、チーズを作る行程を見たり、買い物をしたり。
そしてここでチーズ作り体験をしました。
ナツも牛柄の子供用エプロンをして、やる気充分です。
d0065459_258917.jpg

「やりたい!やりたい!」というので、かき混ぜたり、水分を切ったりとほとんどの行程に挑戦。
以前は力の加減ができなくて、こぼしたり飛ばしたりとめちゃくちゃでしたが、今回はちょっと危なっかしいところはあるものの、慎重に取り組んでいて、思っていた以上に上手でした。
d0065459_31467.jpg

真剣な表情。
d0065459_259616.jpg

出来上がり。

これまで体験という名のつくものには、ほとんど参加しなかったナツ。
私は今まで様々な経験をさせたいといろいろ試みましたが、ナツは全然興味を示さず、いつも私の気持ちだけが空回りしていました。
そんなナツとチーズ作りを体験できただけで私はもう感激。
しかもやる気満々で、途中飽きることなく楽しく取り組んでいて、逞しささえ感じました。

ナツと作ったマスカルポーネチーズは、そのままだと味がないので、ママレードをのせて食べました。
ミルクの風味が豊かで、濃厚な美味しいチーズでした。
d0065459_2593935.jpg

夕方近くになってもナツは元気で昼寝する気配もなく、そのまま買い物へ。「ニングルテラス」という小さなログハウスがいくつも並ぶ、森の中のショッピングスポットです。
ナツはこの中の木で作った楽器のお店が気に入って、小鳥の笛を買いました。
お店のお姉さんが紐を付けて首からさげてくれ、旅行の間中気が付けば吹いてました。
d0065459_2595393.jpg

今までは旅行に行ってもナツは連れて来られているという感じで、いまいちお客さん状態だったのですが、今回はとても楽しんでくれたと思います。
生き生きとした顔がたくさん見れて、私も幸せでした。

by mineyom | 2008-10-02 03:01 | ナツの毎日